回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/18 18:19

55回答

車の改造ついて。ご教授お願いします!

回答(5件)

0

まず、前提として、その車がコイルスプリング車であって、ナンバーがついていて車検が切れていたり、車検が残っている状態なら、コイルスプリングやショック(指定部品という)のみ交換である場合は5センチでも10センチでも問題なく一定範囲を超えても車検は通ります。 ただし、今現在ナンバーがない車は新規車検になるので、一定範囲を超える場合、車検は通らないですが、構造変更(記載事項含む)すれば通せます。 そこで無理な場合でも、改造車として陸運局で登録することはできます(通常白ナンバー)。 大抵の場合、軽自動車枠内か白ナンバーで改造車として車検はできます。 一切、面倒な手続き(面倒ではないが)をしないで、車検が普通に通るかというなら、現在車検があるか継続車検なら、指定部品を使う場合はまず問題なく車検は通ります。 ①ジムニーといっても型式により車検が通る通らないは、簡単に通るか、構造変更などが必要かにより違ってくる。 (リーフスプリングのジムニーは構造変更になります) 「軽自動車として」の車検であればその軽自動車の作られた年式の規格内であり、尚且つ一定範囲内であれば問題はない、それを超えるなら管轄は陸運支局になる。 ②ボディの面からタイヤがはみ出すカスタムはない、はみ出す場合は道路交通法違反(通常はみだしタイヤ、ハミタイなどと言う)。 はみ出さないようにフェンダーカバー(オーバーフェンダーは指定部品ではない)などを付けるカスタムはある。 合法と言われる寸法は、その軽自動車の製造時の軽自動車規格プラスマイナス2㎝まで許容されるが、2センチピッタリはダメであるのと、上記に書いたように継続車検であることが条件、新規車検は認められない。 また取り付けがリベットまたは溶接以外の方法でなければならない。 ③その型式の車両の改造の程度によるのでわからない(答えられない)。

0

1、軽自動車 規格でググれば出ます 2、軽自動車 規格 で調べて何ミリ幅を増やしていいか調べてその幅までのオーバーフェンダーを付けてはみ出なければok 3、シエラならナンバーの数字が変わってもokならランクル並み(1ナンバーまで)オーバーフェンダー付けて太くできます。(車検証は改が付きます) ちなみに結果を言ってしまうと軽自動車規格は1.48mでのジムニーの幅は1.475mです。 国の定めで9mmまではみ出してもいいとかってルールができましたがあれは外車のジープ見たいな車がタイヤのモッコリした部分がはみ出ていてそれの救済処置でオーバーフェンダー付けて広げていいサイズではありません。 つまり厳密には幅は2.5mmのオーバーフェンダーなら可能。それを越えたいなら普通車登録が必要です。(税金も1000ccになります) 高さは2mとかだったと思うのでよほど上げない限りは大丈夫です。もっともジムニーのあの幅のままそんな高さまで上げたら不安定過ぎて危険です。 youtubeとかで軽自動車で45mmとか50mmのオーバーフェンダーの取り付けてるのは大体違法改造です。 かっこいいですね!って誉めてから質問すると車検時は外してますよーってアホ丸出しの回答をしてくれますよ(笑)

0

①あります。 ②はみ出しタイヤ 通称「ハミタイ」 車体からはみ出したらNG なので0cmですね ③23インチか24インチ位ですが・・・ リフトアップして大径ホイールにすればもう少し大きな物まで付けれそうですね。 軽でなくなれば、改造度はもっと大きくなります。