中山美穂のCは名曲だと思いますか?

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。 リアルでよく知らないのと 記憶が曖昧なので調べたのですが 小林明子の恋に落ちてが新人賞にノミネートされてますよね。 歌唱力 売り上げ(一応)込みで 小林明子「恋に落ちて」が 最優秀新人賞一択と感じました。

その他の回答(2件)

0

最優秀新人賞というのは、レコ大の部門賞の中でも、何かと問題にされる賞です。 72年は、麻丘めぐみさんが最優秀新人賞を受賞しましたが、歌唱力では、三善英史さんか森昌子さんが受賞するのが妥当では無いかという、視聴者からのクレームが相次いだようです。 しかし、当時中学生だった私は、新人賞5組の中で一番ルックスの良かった麻丘さんが受賞したものと思いました。 森昌子さんは11年後の83年で、円広志さんが本名の篠原義彦名義で提供された「越冬つばめ」で、最優秀歌唱賞を受賞され、雪辱を果たされました。 80年からは、田原俊彦、近藤真彦、シブがき隊、ザ・グッバイと、ジャニーズ勢が4年連続受賞しています。 84年は故・岡田有希子さん、85年はご質問の通り、中山美穂さん。 この2年は、ジャニーズ勢が新人賞に全くノミネートされませんでした。 86年は少年隊が受賞、再びジャニーズ勢の受賞となりました。 結局、最優秀新人賞は 新人賞5組中に、ジャニーズ勢が含まれていれば、必ずジャニーズ勢が受賞する。 含まれていない場合は、ご質問の中山美穂さんのように、TBSへの貢献度も審査基準にされる。 一方、レコ大に対抗して、TBSを除く在京キー局8社がタッグを組んで発足させた「日本歌謡大賞」では、TBSへの貢献度が高いと逆にマイナス材料となり、85年の放送音楽新人賞(ノミネート6~7組のうち2組受賞)は、故・本田美奈子さん、芳本美代子さんの2組が受賞されました。