ID非公開

2020/11/19 15:53

2121回答

婚約している彼の家族が創価学会です。

補足

因みに学会員さんが訪問した日、話が終わったのは0時です。

宗教 | 家族関係の悩み3,895閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

9人が共感しています

ベストアンサー

18

18人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。アトムさんは何も悪い事をしていないのに、謝らないで下さい 今回、彼と義母と話し合いをし、アトムさんの仰るように義母は私を家族として思って下さってたみたいで、このようになってしまったとの事です。お互いの気持ちを伝えて、最後は笑顔で話し合いを終わらせられました。婚約解消や縁を切るような意見が多かったですが、やはり自分の選んだパートナーなので、私は2人で人生を共にしたいです。

お礼日時:2020/11/23 7:10

その他の回答(20件)

35

考え方が逆ですよ。 相手は完全に思考停止している信者です。 自分と周囲の人たちがどうやったら幸せになれるか?という一生をかけて探求するテーマを放棄して、 「この宗教に入れば幸せになれる!いやなれるって言われた!」 という思考停止人間です。 良ければ宗教のおかげ!悪ければ自分の信仰やお布施がたりない!という結論しか持っていません。 その彼氏の母親のようになってくると「この宗教に入らない人は悪だ!」と 原理主義的になってきます。イスラムの過激派がこれですね。 あなたは自分で考えて自分で決断して選んだ道を進んでいくことができる「当たり前の思考能力」を持っている人です。 彼が好きという気持ちははっきり本人に伝えて、その家族とは縁を切るべきです。 で、自分をとるか、宗教と家族をとるか決めてくれと選択を彼氏本人にゆだねてみましょう。 彼氏本人がするはじめての人生での決断かもしれませんが、これができないならば、見離さないとあなたが間違いなく巻き添えをくらいます。 アナタ自信も彼氏やその家族と少し離れて冷静になればわかります。 人類の半分35億は男でいくらでもまともな人はいますからね。

35人がナイス!しています

もう少し補足しましょう。 例えば、相手が二度と勧誘しないと口約束をして、安心したあなたが彼と結婚したらどうなるか? 彼氏が完全に家族と縁を切らないかぎり、勧誘は一生つづきます。 相手にとって信者にならない身内は「悪人」なんですから。 本当に大きなお世話ですが、息子の嫁がこの宗教に入信しないのは不幸になる!と勝手に決めつけてきて、幸せになるにはこの宗教しかない!と断言してきます。 本人たちはそれをいい事だと思っているからです。 せっかく結婚したなら相手方の義理両親とも仲良く一定の距離を保ってやっていきたいでしょ? 子供ができればなおさら面倒くさいことになります。間違いありません。 悪いことは言いません。縁を切りましょう。

38

別れた方がいいと思います。 貴方だけの問題ではありません。 子供が出来れば工作により離婚に持ち込まれ子供の親権を奪われる。 もしくは子供が勝手に入信させられる。 自分の子供にそういう人生を強いらせる事になります。 それを貴方は望みますか? 彼が信者である限り組織の指示には逆らえません。 相手は朝鮮カルト組織です。 貴方一人ではどうする事も出来ません。

38人がナイス!しています

18

創価学会の信心は昔、御本尊への強信だったのですが今は組織への狂信に変貌しています。残念ながら彼の母が組織への信頼を強く持って居るようなら彼との生活に平穏は約束されないでしょう。まこと残念ですが組織宗教とはそのようなものなのです。

18人がナイス!しています

16

創価学会について詳しくないのですが、宗教に熱心な方でも一般的な社会常識や良識を持っている方もいれば、その義母のような何かに取り憑かれたかのように冷静さをつしなっている方もいると思います。あなたの旦那様は良識のある方のようですが、息子である以上は無碍にできないでしょうね。その地区の学会のお偉いさんみたいな人に信教の自由や入会の強要の害悪を伝えたら義母に説教してもらえたりするかもですね。家庭崩壊、離婚になる前に手を打った方がいいですね。

16人がナイス!しています

3

創価学会員です。 信教の自由なので、するもしないも貴方の自由です。 ただ、創価学会の信心は、一家和楽の信心であり、幸福を掴む為の信心であります。 彼の母親は、本当にあなた方に幸せになって欲しいのでしょうね。 ある男性の話しです。 創価学会員である男性は、会社経営をしており仕事も家庭も友人関係も順調でありました。 形だけは、創価学会員ですが、勤行や活動もしない方でした。 同じ地区に住む創価学会員が、何度も何度も訪ねて来ます。 その度に、追い返し、罵声を浴びせました。 しかしある時、その男性は大きな病気になります。 仕事も出来なくなり、あれだけいた友人も離れて行きます。 しかし、同じ地区に住む創価学会員だけが前と変わらずに訪ねて来ます。 『本当の病気は、自分の中にある傲慢さ』だったと気付かされたのです。 貴方や彼の為に、必死に話してくれる彼の母親を、大きなお世話と捉えるかどうかは、貴方の自由です。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/20 0:46

お返事ありがとうございます。 私の幸せを願って下さるのは有難いことですし嬉しい事なんですが、自分の好きな物を我慢してまで私の入会を待つという考えは、学会員さんとして、どう思われますか? 私は考える時間を与えて貰えないのでしょうか?