回答受付が終了しました

注文請書の控えについて

回答(2件)

1

2通持つのは、相手が改ざんした場合の対抗要件だと思うので、正本が相手にあって、そこまでの危険を負担するなら、コピーでも良いのではないでしょうか。 単なるコピーなら印紙税はかかりません。

1人がナイス!しています

1

相手の見積り等に対して注文書を作成したことが記載されていたり、双方の記名押印等がある場合は契約書と同じ扱いで印紙が必要になります。 税務調査とかあった時に訂正納付を命じられる場合があります。 印紙が不要な例などはネットにいろいろ載ってますので確認してください。

1人がナイス!しています

早速の回答、ありがとうございます。 ネットで調べてみた結果、コピーでも印紙が必要な場合は  ・契約書のコピーに、契約当事者の双方の署名又は押印がある場合 ・契約書のコピーに、コピー所持者の契約相手方の署名又は押印がある場合 ・契約のコピーに、正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることについて、コピー所持者の契約相手方の証明(正本等との割印を含む)がある場合 などがあることはわかりました。 それを踏まえてなのですが 署名押印・印紙の貼付・割印した状態で白黒コピーで印刷、印刷後の紙には署名等の記入等は一切なしで保管の場合でも訂正納付になる場合もありますか。 ちなみに、本社の指示通り控えはPDFにして紙の控えは無くす予定です。