プーチンがトランプに親しげな素振りを見せたり、ロシアはアメリカと(疑似)同盟的な関係も結べるんだ!

世界史 | 中国史47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:2020/11/26 13:17

その他の回答(2件)

0

要するにトランプ大統領に対する疑惑、ロシアゲートをもっともらしく見せるためのフェイクです。 ロシアゲートとは「トランプが前回のアメリカ大統領選挙で当選できたのはロシアの働きかけがあったのだ」という陰謀論です。 ところがこれには重大な穴があるんですよね。 トランプがアメリカ大統領になったとしても、それがロシアのいったい何の得になっているのか? そもそもの動機付けが全く見えてきません。 この四年間、トランプがロシアのためにナンラカの特別な働きかけをやったという事例が全く無いわけです。 それどころかロシアはG8の地位を剥奪され欧米から敵視されている始末、プーチンの支持も下がる一方、どう見てもトランプ大統領はロシアにとっては邪魔者でしかありません。 現状、この四年間でトランプ氏を追い落とそうと追及されたロシアゲートはほぼでっち上げであったことが発覚しています。 トランプ氏やその関係者がロシアからなんらかの利益を得た、若しくは提供したという事例も見つかっていません。 ただ、疑惑というモノは完全に解消することは出来ません。 日本のモリカケなどもそうですが、論点をズラせば疑惑はいくらでも永続出来るものなのです。 ところがその骨幹部分、動機に重大な穴があるのがロシアゲートなのです。 総理の奥さんの知り合いだったモリトモ疑惑や総理の友達だったカケイ疑惑の方がまだしもマシなぐらいです、それが証拠になってるかと問われれば全くなってないのですが。 だからこそロシアゲートを追及する者達は、 トランプとプーチンの親密な関係、アメリカとロシアの親密な関係をでっち上げようとするのです。 それらが成立してもらわないと、今まで自分達のやっていた事が全て嘘だったことになってしまいますから。