ここから本文です

建築で屋根の母屋に使う部材で 「ネコPL」っていうのがいまいちよく わかりませ...

arc********さん

2009/2/2223:15:24

建築で屋根の母屋に使う部材で
「ネコPL」っていうのがいまいちよく
わかりません。加工方法なのか
部材名称なのか
詳しく説明お願いします。

閲覧数:
20,542
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

編集あり2009/2/2309:38:11

取り付け用のL型の金物やアングルピースを俗称で「ネコ金物」といいます。
http://www.steel-land.net/100shohin/104buhin.html

ネコPLはネコ金物プレートの略で間違いないです。

一応、結構一般的名称ではありますが、当然正式名称ではない所謂「業界隠語」ですので年齢がある程度いった設計者や現場実務者なら使う場合がありますし知っているケースも多いです。
昔の図面とか見るとネコネコのオンパレードw。

何故ネコというかは?ですが、建築でネコというばあい、意味として「小さなもの」や「三角形の物」を言う場合が多いです。三角形は耳が三角形からきてるのか招きネコの手の形に由来してるのか?ぐらいが想像できますが由来は私も知らない調べてみてください。

設備吊ボルトを「ネコ」というのは私は初めて聞きましたが(調べたら確かにそういうらしいです)、推測するに設備の吊金物は昔はボルトが一般化するまではアングルなどを使う事が多かった為そういうのかな?と思ったりします。

又、ネコというのはパッキンなど小さな挟む物の総称としても使います。これは「小さい」という意味合いからきているようです。


小話(笑)

これかいててどうでも良い昔話思い出しました。
私がまだ駆け出しだった頃聞いた同僚の先輩の失敗談。

その先輩が打ち合わせに行ったとき、先方より「キャットウォークここにつけましょうか?」といわれたが「キャットウォーク」が何なのか解らず、取り合えず知らないともいえずに聞いて帰って来ました。
上司と打ち合わせ中に


先輩 「ここにナニカ付けて下さいと言ってたんですけど?何だったかな・・・そうそう、【ネコ走り】ですよ【ネコ走り】」

上司 「ネコ走り・・・」

キャットウォークと犬走りがごっちゃになったんですね(笑)キャットウォークは訳するとネコ走りになるらしいですが一般にはそうは言わないのでw以上どうでも良い小話、ネコ繋がりでオアトガ宜しいようでw

キャットウォーク-天井や屋根裏など高所に設ける点検用の幅の細い通路のこと。
犬走り-地盤より一段上がった位置で、周囲に設ける帯状の部分。建物全体を景観上引き締める役目をする。(←おかしい。元々は保護的意味)
出典 建築情報net 用語より

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる