回答受付が終了しました

摂津晴門って何者? 大河ドラマで、松永弾正を差し置いて極悪人みたいな描写がされています。

日本史 | ドラマ845閲覧

4人が共感しています

回答(4件)

5

摂津晴門は、資料もあまりないようですし、知名度も低いので、ドラマを展開する狂言回し役に起用されたのでしょう。 架空の人物をこれ以上増やすと不評なので、実在の人物に架空の行動をとってもらって、ややこしい史実を整理簡略化してもらい、ドラマのフロシキがこれ以上ひろがらないようにするわけですね。たぶん。

5人がナイス!しています

2

人物設定は、あくまでドラマ上の創作です。 実態は、政所執事ですから、幕府の事務方の官僚です。 政所の仕事は、幕府財政の管理と、将軍名で発行される文書管理で、 ドラマに出てくるような、政務全般に口出しできるような、 立場ではありません。

2人がナイス!しています

0

今回摂津のようなマイナーな人物(私がしらないだけで世間では有名かもしれませんが)を出すことによって、足利義昭の行う信長包囲網の所業をスケープゴートすることができるかと。史実ではどうなのか知る由もありませんが、足利義昭以下複数の人間で企んだことを摂津一人にかぶせたりとか、あるいは足利義昭を善人にすることで、今後発生する信長との対立(対立は史実ですから)を摂津のせいにすることができるわけです。例に出すことは難しいですが、今までも複数の人物を一人にしたりとかありますので、そのような意味でも大河におけるキャラクター設定の一つになる人物かもしれません。 後あえて松永久秀にはまだ悪人という雰囲気を出さない方向かもしれませんし、話によると信長は家康に松永を紹介したときに「普通ではやらないことを三つもやった悪人」と紹介していますが、そのうちの一つの将軍暗殺は今回違いましたし(最近の説でも松永本人は関与していないらしいですが)

6

このドラマは勧善懲悪の物語ですから。明智光秀が善なのであれば、光秀に殺された織田信長は悪、となると、信長と対立していた松永久秀や足利義昭は善ということになるのだろうと思います。 ということで、足利義昭の悪いところを、誰か肩代わりしてくれる存在が必要になってくる、ということでしょう。今までの歴史劇では足利義昭が行っていた暗躍を、摂津晴門が一手に引き受けてくれているということだと思います。

6人がナイス!しています