ソフィア・ローレン。 この女優知ってますか? おそらく若い方はご存じない?

ベストアンサー

0

私以上のファンですね。 私は今年77,ソフィアより9歳年下。 私が高校のころはもう彼女は20代だったんですね。 この作品は先日見るまでは知りませんでしたし、シモーヌ.シニョレが主演でなんて作品も知りませんでした。 ネットフリックスで見かけて面白そうと見たのですが、見ている途中で「えっこれもしかしたらソフィア?」と分かったんです。 孤独な老人の役、見事に演じていましたね。 高校のころは洋画を見まくっていました。 本当に情緒豊かないい作品が多かったですね。 そして映画の題名もよく考えて内容にふさわしい秀作。 懐かしいですね。

その他の回答(8件)

0

ソフィア・ローレンというと, 昔,テレビで観た 『ふたりの女』(1960)アカデミー主演賞 『戦場を駆ける女』(1961)が忘れられません。 他にも 『島の女』(1957) 『誇りと情熱』(1957) 『鍵』(1958) 『月夜の出来事』(1958) 『ナポリ湾』(1960) 『エル・シド』(1961) 『 ボッカチオ'70』(1962) 『真夜中へ5哩』(1962) 『昨日・今日・明日』(1963) 『あゝ結婚』(1964) 『ひまわり』(1970) 『ブラス・ターゲット』(1978) などの彼女も印象に残ってます。 『楡の木蔭の欲望』(1958)をぜひ観たいと思っているのですが・・・

0

スタンリー・クレイマー制作・監督の「誇りと情熱」ソフィア・ローレンのハリウッドデビュー作、ナポレオン戦争を背景に英国海軍士官、ケイリー・クラントの誇りとスペインゲリラ隊長フランク・シナトラの情熱がぶつかり合う、苦難の旅の挙句フランク、ソフィアの故郷の街をナポレオン軍から奪還する目的は果たしたが二人は戦死、グラントはフランクの死体を中央広場にある聖母像の前に横たえてやったのだった

これも見たことないですね。 いろいろな映画に出ていたんですね。 有名なのは「ひまわり」。 ソフィア現役バリバリのころはそんなに見てなかった。 今からでもDVD集めでもしますかな。

0

彼女が 22歳の時,主演<?>した 『Doe notti con Cleopatra』1954年 / 伊、 は,もう観れないのですかね・・? <トップレスのスチルは流失していますが>

0

ソフィア・ローレンのNetflixの作品、気になっていました。 今は『ザ・クラウン』にはまっているので、見終わった次に見ようと思います。

ご存じでしたか。 私はまったく知らないで内容が良さそうなので見ました。 見ているうちに「あれ~この女優ソフィアににてるな~」と思い、最初に戻してキャストを確認したら・・・。 ネットで調べたら間違いなし。 随分のブランクがありましたから、会社に説得されてシブシブ?

1

【ひまわり】午後ローで、小学校の頃、昼間から一人ガン泣きしました・・・ 故・淀川長治氏が「一緒に写真を撮ってください」とお願いしたら・・・ 階段の段差を利用して、数段下がってくださった と逸話が忘れられません。 大柄で、優しい♥ 今、調べたら174cmでした。上記の話から、もっと大きな方だと思っていました! ラッタター•*¨*•.¸¸♬︎って、小型バイクのCMの事かなぁ??? Netflixチェックしますね♥ 有難う御座います(:D)┓ペコリンチョ

1人がナイス!しています

気が強そうで、ちょっと怖い印象だったんですが優しいんですね。 あの頃の女優はみんな個性があって魅力的。 高校のころは日本映画はほとんど見ないで洋画専門でした。 174センチは欧米では普通ですね。