その他の回答(10件)

0

気持ちの「私」です。 普通「私」は思いです。思い、考え、言葉の果てしない繰り返し。 私は普通私を頭に感じます。 そうではなくて、私自身、私の気持ち、私のハートです。ハート、心臓は・・・肉体とともに消滅する。しかし、それでも心臓でかんじる私がざっと言ってたましいです。

1

文献として登場するのが日本神話です。 大国主大神が挫折を経験し、出雲で海を眺めていると波の中から 魂が二つ出現しました。光って燃えるような玉でした。 ※写真はその時の様子の銅像(出雲大社) この魂は幸魂と奇魂でした。以来、出雲の出雲大社ではこの魂を拝む 神語の信仰が起こりました。

画像

1人がナイス!しています

2

オカルトカテで質問してみて ください。 いっぱい回答がくるよ。

2人がナイス!しています