けん引フックを取り付けたらETCのセットアップが必須ですから必ずやってね。 ってSAのチラシにかいてあったんですけど。

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(5件)

0

けん引装着ありで再セットアップしないとトレーラーけん引時にETCゲートを通過しようとしてもゲートが開かない。 トレーラーを引いてなければ再セットアップしなくても問題はない。

0

「けん引フックを取り付けたらETCのセットアップが必須ですから必ずやってね。」 多分それであろうポスターをみましたが、そうは書いてなかったし、但し書きもちゃんとしてあって、事実とは逸脱した書き込みですね。 掲示物はしっかりみてから質問なさると良いでしょう。 原文をそのまま書いても理解できない質問者さんですので、別な表現で書きますが… 「トレーラーを牽引した状態でETCを利用したい場合、牽引車ありの再セットアップが必須ですから必ずやって下さい。」 と言う事が書かれていたのです。 しっかり確認し、質問するのであれば正しく記載しましょうね。 ETCに牽引車ありのセットアップが可能となる条件は、牽引装置を備えているかどうかで決まりません。 ヒッチメンバーや、車両純正ヒッチメンバー等にヒッチレシーバーを取り付けした車両であっても、条件に該当しなければ牽引車ありのセットアップを行う事など出来ません。 再セットアップ出来ない車両に対してそれを強制するポスターやチラシなど、道路公団だった連中が配布を許す訳がありません。 牽引車ありのセットアップが可能な車両 ①記載変更を行い、950登録を受けている車両 ※ヘッド車に最大牽引能力が割り当てされ、備考欄に<950>キャンピングトレーラー等…から始まる記載がなされる車両 ②トレーラー側の車検証に記載された型式のヘッド車 トレーラーとヘッド車両方の車検証が必要であり、かつ、トレーラーの車検証の備考欄に、記載されたヘッド車の車名と型式が一致する車両である事 何を書いてあるのか分からないかも知れませんが、そのチラシの発行元にこの文章をそのままコピーして送って、間違っていないのか確かめたら私が記載している内容が正しいのかどうかは理解できるでしょう。 ハッキリ言います。 あなたは大変な勘違いをなさっておられます。 牽引装置など一切付いておらず、純正無改造でトレーラーの牽引など出来ない状態の車でも、950登録は取れてしまい、牽引車ありとしてETCのセットアップは可能です。 逆に、ピントルフックだろうがヒッチボールだろうが、何なら2tトラックの荷台に第五軸を取り付けしてあったところで、牽引登録が取れてない車ではトレーラーの牽引は出来ませんから、牽引ありのETCセットアップなど出来ません。 申し込みした所で断られます。

0

牽引フックの取り付けであれば、再セットアップ不要です。 あくまでもトレーラーを牽引するヒッチメンバーを取り付けた場合の説明です。

0

牽引状態だと高速料金が変わるためですが 牽引状態で高速に乗らないなら 必ずしも変更は必要ないですよ ただ牽引登録されていない状態で 誤って高速に入った場合 レーンで止められるか あるいはバーが降りてしまい トレーラーに接触破損する可能性は有ります

チラシにはピントルフックを取り付けたら再セットアップが必須だから絶対やれ。と書いてありましたよ。 カーをけん引するときではなくピントルフックを取り付けたら再セットアップしろって。

0

SAのチラシにどこまで書いてあったかわかりませんが、牽引して高速を通行する場合、牽引車両が「同一車両」と認識できずETCのバーが途中で降りてしまう場合があるので登録変更は必要です。ETCのセンサーで認識しているので牽引していなければ余計な料金を取られることはありません。 牽引物が1m以内の場合は再登録していてもご認識する可能性があるので、有人のゲートを通る必要があります。(このあたりはちょっとうろ覚えなので要確認)

いいえ違いますね。チラシには牽引しての走行ではなくて、フックを取り付けたらそれだけでも再セットアップが必要だから必ずやれ。 っとありましたよ。