ID非公開

2020/11/25 19:54

44回答

普段、1960〜1970年代の洋楽のロックを聴いている方に質問です。

邦楽 | 洋楽38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました

お礼日時:2020/11/25 23:33

その他の回答(3件)

1

初めまして。 洋楽ロックも好きな親父 です(笑) 聴かせていただきました。 若干の拙さを演奏に感じま すが、それが妙味を醸し出 していると感じます。 音楽としてしっかりロック ンロールしていて、私にと っては、率直に「好い!」 バンドです(^^)

1人がナイス!しています

0

楽曲はオリジナルだと思いますが、サウンドにオリジナリティがありません。 レッド・ツェッペリンもイギー・ポップもクリームも今までになかった時代の最先端の音楽をクリエイトし、世間はそれを支持しました。あるいは後の時代に評価されました。 Drop'sのMVは2010年以降のものですが、私は彼女らのサウンドに2010年代の空気感を感じません。 同じ時代、プエルトリコとフィリピンの血をひき、ハワイで生まれ育ったブルーノ・マーズというアーティストが世界的に人気を誇りました。 彼の音楽は一言で言えば1970年代サウンドの再解釈です。悪く言えば70年代サウンドのパクリですが、彼の音楽には彼の独自性と現代性がありました。 ポリスのロックに70年代ファンクを加味したナンバー。 Bruno Mars - Locked Out of Heaven (2012) 全米1位 https://youtu.be/e-fA-gBCkj0 70年代ファンクの2010年代風再解釈。 Mark Ronson featuring Bruno Mars - Uptown Funk (2014) 全米年間1位 https://youtu.be/OPf0YbXqDm0 ただしDrop'sは60年代、70年代に青春を送った世代には居心地良く聴こえるかもしれません。

0

「こわして」が1番個性的で良かったです。ただ日本のバンドの悪い癖でボーカルが入るとギター・リフのボリュームを絞ってしまうんですね。それだとリフに乗せて歌う感覚にならないんですよ。

ID非公開

質問者

2020/11/25 20:47

日本のバンドの悪い癖でボーカルが入るとギター・リフのボリュームを絞ってしまうんですね。 日本のバンドあるあるですね