回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/25 20:12

99回答

路線バスの運転士で広い道路でも30キロくらいでゆっくり走り続ける人と60キロくらい出してけっこうスピードを出して狭い道でもスピードを出す人がいますが前者は安全運転主義者ということでいいですか?

回答(9件)

0

路線バス運転士です。 会社からは法定速度を守れ!と言われています。 ですが例えば法定速度40kmの道路を40kmで走っている車がどれだけあるでしょう? 大抵45kmから50km位で走っている人がほとんどではないでしょうか? そんな中でバスに限らず40kmで走ったら・・・かえって迷惑と言う場合もあります。交通の流れと言うものもあるんです。 逆に住宅地や大きな病院の側は騒音を考えてゆっくり走るとかと言う事もします。 路線によってスピード出さなければ間に合わない場合や、ゆっくり走らないと早く着き過ぎる路線もあります。 運転士は路線によって場所によっていろいろ考えながらバスを走らせているんですよ。 時間調整場所も停車していて邪魔にならない所とかそれぞれ決めている場所があるのだと思います。

0

ダイヤで速度を変えたりしています。 到着時刻を調整しています。。。 遅れてもいいのでゆっくりが基本と言われていますが 電車の乗り継ぎ時間に間に合わないのでしょうね。 まずは無事故です。

1

一概には言えませんね。 速度が遅いと万一の際に危険回避できる可能性は上がりますが、痺れを切らした後続車が無理な追い越しをかけてきたり側道から出てくる車が無理な割り込みをしたりなど別のリスクが出てきます。 運転士は数個先のバス停到着時間まで読んでますから速度を少し落とせば定刻後に到着するようなら落としますし、そうでなければ後続車の迷惑になるのでさっさと行ってバス停で時間調整します。

1人がナイス!しています

0

考え方次第です。 スピードを出す人は、他の車から「遅い!邪魔だ!」という苦情を受けた経験がある可能性あり。 スピードを落とす人は、バス停での時間調整で、周辺住民から騒音の苦情を受けた経験がある可能性あり。

3

30キロの人は、うまく時刻表に合わせられる人、 60キロの人は、心配性で早く着きすぎちゃう人

3人がナイス!しています