Excel2010のサポートが終了ことについて質問です。 今年の10月13日にExcel2010のサポートが終了しました。

ウイルス対策、セキュリティ対策 | Excel45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

>サポート切れのオフィスをPC内に残しているだけで、 >ウィルスに感染してしまうことなどあるのでしょうか。 前述のような基本をまもれば、 「ありえない」 というくらい、感染の可能性は低いと思います。 でも、万が一ということがあるので、ぜったいではありませんが。 でも、そんなことでいちいち悩むのも、メーカーの商売に騙されるだけなので馬鹿らしいので、僕は、感染前提で対応策をしておいて、2010をそのまま使います。 ヘルプの出来が、2003以前のものとともに、すばらしくいいので。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

完全にスッキリしました。 メールなどは基本的に知っているの以外は開かない、ファイルも開かないなどは徹底していますが、感染しているサイトからもらうのは考えていませんでした。 さらに、エロサイト・・・カスペルスキーに頼り切っていた・・・。 ソフトの脆弱性よりもPCを使う人の脆弱性に問題がありそうですね。 オフィスはそのまま使おうと思います。 丁寧に教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2020/11/26 21:55

その他の回答(1件)

0

いまは流行っているemotetウイルスやIcedIDのウイルスは、ワード、エクセルのマクロで感染します。 これ自体はマクロがウイルスなので、 通常のセキュリティ設定なら コンテンツの有効化 の警告が出ます。 ですが、2010の不具合が今後見つかって、その警告が出ずにマクロが実行されるような脆弱性だと、ファイルを開いただけで感染します。そういった不具合への修正バッチが出ないのがサポートきげんぎれの怖さです。 https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html 感染数が多いのでニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/4c1e7d6e85d18c42c6d8ee001d1d959b0ddccced 9月のNHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200918/k10012624041000.html これだけ、感染数が多いのは、ウイルス対策ソフトで検知できない例が多いのです。 私のところに届いたファイルだと、一社も対応できていないファイルが届きました。その日のうちにESETとWindows defenderが対応、カスペルスキーは翌日朝に対応、2日経ってもNorton、ウイルスバスターは検知しない事例を見ています。

ごめんなさい、届いたというのはメールなどで届いてダウンロードして開いたということでしょうか? ファイルを開かずとも感染する危険性があるということですか?