新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2020/11/26 17:47

66回答

今の政府の政策って次のような解釈であってますかね?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

仮に。 GOTOやらなければ ↓ 感染者最低減少で一定化平行線をいってましたね。旅行者も、政府が海外渡航者次々に解禁していたので、その分だけ、感染者増えてたぐらい。観光地、飲食店は、確かに 潤わないが、せめて、年内は我慢する気持ちが、あったかと思う。 このとき、政府が、観光地、飲食店をもう少し支援金を出していれば。 また、年内我慢なら、国民にも第二回給付金を出して、来年のオリンピックの年に向けて、耐えて下さいと、そちらの政策の方が 正しい。 ↓ 来年1月に、海外からの入国解禁が正しい。 来年1月にGOTOをやれば良かった。 また、政府は、オリンピック開催国だと言うことを忘れてしまっている。 他の国より、より一層ウイルスを増やさない対策をしなくてはならないのにその対策無し。 また、年内消費税減額していれば、もう少し ありとあらゆる流通機関が回転していたのに。 欲しい物を買わずに耐え忍ぶ国民がたくさんいることすら忘れている。

0

コロナ初期段階で緊急事態宣言を発令し抑えようとする ↓ 感染者数が減り、世界的に見てトップクラスの押さえ込みに成功する。空気感染のウイルスは湿度が高くなってくると自滅しやすいので、経済との両立と題して、経済を刺激し夏に向けて消費を促す。 ↓ 8月は感染者数が今年最高となり感染再拡大となる。夏は1年の内、最も感染しにくいので、その時期に感染者数が急増したということは、かなりの経済効果があったと考えられるため飲食店や観光業は大賑わいとなる。 ↓ 冬に向かうにつれコロナの感染力が増す事が理解できていながら、病床数に余裕があるため無理矢理で経済対策を推し進める。来年のオリンピックを見据えると、来年は経済対策をあまり出来ないのでgotoトラベル・gotoイート・マイナポイントの時期が被る。 ↓ 無理がたたってgoto一時停止。 自民党としては最後のgoto一時停止は予想していたと思います。感染者数と医療機関の病床数を睨んで、一時停止のタイミングを見ていたのだと思います。私としては死者が出る以上、ゴリ押しの経済対策は評価できません。

0

×<日本全国の飲食店や観光業に対して補償するお金がないのでgo toを使い支援する 〇<二階っていう議員への忖度でGOTOは開始された、その証拠に二階は2000万か4000万かわすれたけど献金を受けていた 感染者がコントロールっていうけど冷静に考えてみて インフルに置き換えて考えてもいい 無症状のインフルがいるとしてこの人達が旅行します 感染者は減る?増える?変わらない? 増えるよね普通に だから最初から感染者コントロールする気は無かったと思うよ コントロールするなら政府お得意の時間制限やら人数制限最初からかけていくでしょ?それでも無駄だけそれすらしてないんだから なので最後のコントロールはって部分が数が頭打ちになった時にGOTO辞めようかって算段だったんだろうね

1

あっています。 その後の推移 ↓ 感染者が急激に増加し、やむを得ず、緊急事態宣言を再度発令 (goto全面停止) ↓ 各地で医療崩壊が発生したため、県境をまたぐ移動禁止を全国に要請 ↓ 公共交通機関全面停止を要請 併せて、全国民にホームステイを要請 ↓ この先は、怖くて書けません。

1人がナイス!しています

0

お金がないからGo toを始めた訳ではないと思いますよ。 経済政策と同時並行に進めていたので。 感染者のコントロールが出来ないというのは合ってますね。 少し緩めただけで、ここまでタガが外れるとは想定外だったでしょう。