例えば、ベルリオーズとマーラーとシベリウスとショスタコービッチなどのクラシック楽曲は、難し(難解)くて、取っつきにくい、

補足

そう言えば、ストラビンスキーもその系統に思われますねぇ~。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。今、 ユーチューブで、リサバティアシュヴィリさんのシベリウスヴァイオリン協奏曲のコンサートを視聴しました。 第1印象として、ヴァイオリンの音が美しい、様々な多種多様な弾き方をして、様々な音を出していると思いました。 オーケストラの各楽器と指揮者の指揮もそうです。 まるで、楽器と指揮の試奏、リハーサルなどでの軽い試し演奏、低音や高音や限界付近を含めた様々な試し演奏、のように聴こえました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どの回答も良かったです。参考になります。皆様ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 2:32

その他の回答(8件)

0

難解というほどでもないのですが、これまでお聴きになられた作曲家たちとは時代とか様式が異なります。 ベルリオーズやマーラー、リヒャルト・シュトラウス、ラヴェル、ドビュッシー、レスピーギあたりはきらびやかで華やかなサウンドを聴いてください。 難しく考えなくてよいです。 なので録音の良くて新しいものがいいです。 シベリウスは民族色が濃いです。 交響曲第2番や交響詩フィンランディアあたりから聴いてみてください。 ショスタコーヴィッチもまた独特ですね。 戦争がテーマの重苦しい交響曲もありますので、心身の状態がよい時に落ち着いて聴かれるのがよいと思います。 交響曲第5番が聴きやすくて、わかりやすいですよ。 メロディーの美しいチャイコフスキーあたりとは聴き方が違うかと思います。

0

質問者様と同じく、メロディーの美しい曲が大好きです。 今の作曲家で満足しているなら、無理に守備範囲を広げなくても・・とも思います。 あくまでも僕の場合ですが、次のようなケースを組み合わせて守備範囲を広げて行きました。 ①作曲者の代表的な曲から聴いてみる ②10分程度の小品から聴いてみる ③サビの部分を先に聴いてみる ④最初はBGM的に曲を流し聴きしてみる 参考) とっつき難いと挙げられていた、作曲者の曲のサビの部分をリンクしてみました(サビはあくまでも僕の主観です)。 ①ベルリオーズ:幻想交響曲 第2楽章~ https://youtu.be/2nQWVfF-nvU?t=897 ②マーラー:交響曲第1番「巨人」 第1楽章~ https://youtu.be/xy8luAR2n7U?t=285 ③シベリウス:交響曲第2番 第4楽章~ https://youtu.be/YupNxRLRMA0?t=2185 ④ショスタコービッチ:交響曲第5番 第4楽章 https://youtu.be/jiaiS4nupYc?t=2412 ⑤ストラビンスキー:火の鳥 王女たちのロンド https://youtu.be/VdtQwA3Ij2c?t=1252 これからも、楽しい音楽ライフをお過ごしください。

0

ベルリオーズ、マーラー、シベリウス、ショスタコーヴィチ、いずれもクラシック音楽としてはとっつきにくい代表的な存在です。あと、ブルックナーも。 とっつきにくい理由としては、うるさい、長い、どこが頭で尻尾かわからない、という三大要素がありまして、ベルリオーズとマーラー(とブルックナー)は三拍子揃っています。シベリウスはどっちかというと静かで短い曲が多めなのですが、わからなさは最強クラスです。ショスタコーヴィチはその反対で、意外に親しみやすい(社会主義リアリズムだからかも)反面、うるさいし長い。でも、ブルックナーやラフマニノフがお好きなら、とくに長さには耐性をお持ちのようですし、案外すぐになじめるかもしれません。 ストラヴィンスキーは、「火の鳥」や「ペトルーシカ」あたりならともかく、新古典主義以降はゲンダイオンガクで私もほぼわかりません。

1

意外な作品をば…。 ショスタコーヴィチ「ロマンス」 https://www.youtube.com/watch?v=qmehdHFSN44 ショスタコーヴィチ「セカンドワルツ」 https://www.youtube.com/watch?v=vauo4o-ExoY シベリウス「カレリア組曲」 https://www.youtube.com/watch?v=QxCcJZBk1FY ベルリオーズ「歌劇”ファウストの劫罰”」 https://www.youtube.com/watch?v=GeaAyyRAdjo ※2時間を越える長ぁ~い作品ですが、1つ1つのメロディーはとても親しみやすいものばかりです。 マーラー「大地の歌」※特に洋酒CMに使われた”青春について”の所。 https://www.youtube.com/watch?v=TUYTIQ5kHcw&t=19m50s 以上、どうぞ。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。もう少しあとで聴かせていただきます。参考になります。 意外と、メロディーが親しみやすくて美しいクラシック音楽、ということみたいなのですね。