マラドーナの神の手ゴールは反則ですか

その他の回答(2件)

0

神の手「ゴール」ですから 1986 FIFAワールドカップ準々決勝 アルゼンチン対イングランドのことですね 審判が正しく認識して正しく運用されていれば反則ですね。 ポルトフィーノさんが「普通ならレッドカード」なんかいっていますが レッドカードが出る反則というのはルール上決まっていて あのプレイはそのどれにも当てはまらないと思うのですが…。 ルール上は反スポーツ行為でイエローカード、ゴールは認められないです。