50年前に75坪の敷地を350万で妻の父が実家から買いました、領収書はあります、

不動産 | 税金152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました、周りの人に「何故住まない家に投資するの?」と言われてます、時間もあるので悔いのないように勉強します。

お礼日時:2020/12/6 6:25

その他の回答(7件)

0

不動産屋です。 このパターン、よくあります。 他の回答者様と同じく、売却前半年くらいに、奥様だけ住民票を移し、実際に住めば、3000万控除がつかえます。 私のお客様でそのようにご提案後、実際に半年間お住まいになり売却をし、特別控除を受けられた方がいらっしゃいます。 不動産屋ときちんと道筋を作り、うまくいけるように手配しましょう。 それで1200万くらいで売却すればよいのではないでしょうか。

2

譲渡所得の計算式は、 売却価格―(経費+取得価額ー建物の減価償却)=譲渡所得で、 譲渡所得が赤字であれば非課税です。 (経費としては) 〇売却時の仲介手数料 〇契約書の印紙代 〇土地の確定測量費 〇その他 問題は譲渡所得が黒字の場合ですが、仮に650万円が 譲渡所得であれば650万円x20.315%=約132万円の 譲渡所得税となります。(長期譲渡所得なので)

2人がナイス!しています

0

公的機関は、専門機関として、税務署が相談に乗ってくれます。 取得価格が証明できないと、譲渡価格の5%が取得費になるので、 大幅な課税になるでしょうね。

1

ID非公開

2020/11/30 10:56

こんにちは。都内でマンション経営をしている者です。 1)仮に1000万円で売れた場合は、仲介手数料が約40万円弱+長期譲渡税が650万円の20%で130万円で、約170万円は支払いが発生します。 2)建物は現時点では築50年と35年であれば、木造であればどちらも価格はつかないのでゼロです。 3)もし大幅なリフォームでお金をかける場合は、耐震補強や外観の変更も含めてやれば(例:住友不動産の新築そっくりさん)価格がつく可能性がありますので、その時はかけたリフォーム費用とその減価償却費と売れた価格で税金がかかるかどうかが変わってきます。 もし、数年後に売るのであれば、恐らく買う人は建て直す可能性もあるので、現時点でどのくらいのリフォームコストをかけるかは慎重に判断された方が良いかと思います。

1人がナイス!しています

ID非公開

2020/11/30 11:12

補足です。大事な情報をお伝えするのを忘れておりました。 国税局の電話相談というのがあり、一般的なお問い合わせは、 1)まず、お近くの税務署の電話番号にお電話し、 2)音声案内で1を選択して、 3)相談する税金の種類を選択する と、「国税局電話相談センター」につながりますので、 最初はこちらで聞いてみるのが良いかと思います。 当方も税理士に相談する前に何度か利用したことがあります。