(質問)(2)③つまり、 逆に、以下の「ノクターン」ような実際の曲の耳コピは得意でも

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

難しいですねー

お礼日時:1/23 12:43

その他の回答(1件)

1

でも、聴音課題と実際の曲は違う種類の曲に聞こえますよね。クラシックとロックも違う種類の曲に聞こえますよね。 様式の違いじゃないでしょうか。 様式は音楽理論の最奥です。 まず、和声法、対位法、ポピュラーの作曲法・編曲法をそこそこ理解していることが、それを知る条件だと思います。 それぞれ専門の先生について3年くらいかかるかもしれませんが、理解できるということは作れるってことなので、それぞれの種類の音楽を作れるようになることを目指せば、最短、かつ正確に質問者さんの悩みは解消されるでしょう。 別件の和声課題(課題30)ですが、あの分析はそんなに難しいレベルではありません。ピアノを弾かない打楽器の人(私)ができる程度のものですよ。 あれを自分で分析できないってことは質問者さんの疑問に対して、質問者さんの音楽に対する(または音楽理論に対する)知識・理解が不足しているのだと考えるのが妥当なのではないでしょうか。 それを解消しない限り、他人の説明など理解できようもないと考えます。 けなしているわけではないです。実はその疑問の答えは音楽の深淵に迫るものではないかとも思います。知恵袋でそんな深淵に迫れるわけはないでしょう。だから師につくことをお勧めしています。 がんばってください。

1人がナイス!しています

先生にはついています、音楽大学の対位法も聴講可能ならば、しようと思っております。 その前に、様式や違いについて、できるだけ多く知っておいた方が、何かスムーズに運びやすい、と思いました。