南四国で促成栽培が多いのは何故ですか?

植物12閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

今雪国のハウス栽培の多くが温泉水などの自然エネルギーを使って加温しています。 なので北海道十勝川温泉でマンゴーの栽培をしていますし、 北海道新得町では堆肥の発酵熱を利用してバナナの栽培をしています。 かおんすればどこでも出来ますがランニングコストが掛かります。 その点では晴れて冬の最低気温が高い所が有利になります。

その他の回答(2件)

1

今、促成栽培は雪国でも出来ますよ。ハウスとボイラーがあれば。 現在はハウスといえば、ビニールハウスか、ガラスのハウスですが、 以前は、木造のハウスに油紙のハウスでした。 油紙の生産が沢山作れる、土佐和紙の産地、これがハウスの始まりです。 古くからハウス栽培が行われていて、市場関係者にも、知られているから、 多いんですよ。

1人がナイス!しています