西国の武士は弱かったですか?西軍は弱かったのですか? 弱兵だったのでしょうか?

補足

なぜ西軍の武将たちは「幸州山城の戦い」で寡兵の敵を相手に敗れてしまったのでしょうか? こちらの理由もお教えください。

日本史65閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

西国の兵士がもう少し強ければと思います。 いくら西軍を起こすほどに戦術に優れていた石田三成でも弱兵を率いては勝てないのが道理です。

お礼日時:1/17 17:12

その他の回答(3件)

0

実際に戦闘を行ったのは3万のうち、1万程度です。 朝鮮軍側の老将権慄が率いていたこと。 幸州山への道は細く、断崖絶壁であり、天然の堅城であったこと。 これらが朝鮮軍の勝利原因だと考えられます。 この戦は朝鮮軍の勝利ですが、全体を見ると、李舜臣,元均は討ち死に、日本軍側は主だった武将の死亡は無し。 ほとんどが西国武将で攻め込んだと考えるとむしろ強いのではないでしょうか。

0

単純に日本の戦争では足軽(下級武士)は旗色が悪くなればすぐ逃亡するのが普通。たまたま関ヶ原や大阪の陣は西軍が負けはじめたから一気に崩れただけ。 ヨーロッパの軍事の研究者が関ヶ原の布陣図を見たら全員西軍が勝つと予想するだろうとしたのはよく知られてる。で実際には裏切りやら逃亡やらで東軍が圧勝したと知ると呆れる。 ヨーロッパと違い、日本はそもそも隣国で言葉も同じだから裏切りやら逃亡やらはしょっちゅう起きる。感覚が全然違う。

>ヨーロッパの軍事の研究者が関ヶ原の布陣図を見たら全員西軍が勝つと予想するだろうとしたのはよく知られてる。 この話し、小説家の作り話ですが? この令和の時代に信じておられるのですか? >ヨーロッパと違い、日本はそもそも隣国で言葉も同じだから えっ?ヨーロッパってそれぞれの言語すら無い地だったのですか???

0

戦国最強の島津軍団は?

確かに島津兵は強いですね。 しかし「幸州山城の戦い」には参戦していません。また関ケ原の戦いでは三成などの命令を聞かなくなり兵士の形になっていません。 命令を聞いてこそ兵士です。それ見れば最強とは言えないでしょう。あくまで島津の兵として強かったのでしょうが・・・。