回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/8 19:07

22回答

鬼滅の刃を全巻読破したのですが、猗窩座に対してどういう目で見ればいいのかわかりません。

アニメ37閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(2件)

1

同情したくなりますよね。私も同情心湧きましたし、毒盛った奴らにムカつきます。 アカザの場合、絶望の淵にいる時に無惨に鬼化を勧められ、自暴自棄にどうでもいいということで鬼になりました。 鬼になることを選んだというのとはちょっとニュアンスが違う点も同情の気持ちが薄まらない要因だったりします。 でも煉獄さんを殺したアカザにはムカつきます。 炭治郎もめちゃくちゃ怒ってましたけど、人間は体の欠損や命の喪失の可能性を背中合わせに戦ってます。それを懸けて戦っているけど、アカザは違います。逃げるために自ら引きちぎった両腕もすぐに元通りだし、逃げるところを見ると命も懸けてません。 命を守ることは良いことですけど、であるのに、そもそも人の命は軽く見てるから鬼は許しがたいです。 人間の時のアカザも道場の奴らを皆殺しにしてますしね。復讐心が湧くのは致し方ないですが、狛次(人間アカザ)の選択はそれなんですよ。お父さんを助けたいから犯罪するという選択をする人なんです。 恐らく炭治郎や煉獄さんは同じ境遇になっても違う選択をすると思うから、やはりアカザには同情はするけど全部は同情できない。こんな奴にこの煉獄さんが、、、と思うとやり切れない思いは残ります。嫌いじゃないですけどね。

1人がナイス!しています

3

猗窩座の過去と煉獄の死は関係ないですよ。 煉獄を殺した時の猗窩座に過去の記憶はありませんので、煉獄を殺すことに罪の意識も無かったでしょう。 無限列車編時点では、猗窩座は間違いなく憎むべき敵でした。 その後、無限城で猗窩座が死にかけた時に記憶を取り戻し、鬼として強くなることに意義が見出せなくなり、自殺する。それだけです。 ほとんどの人は猗窩座の過去に同情はしても、煉獄を殺した事は許してないでしょう。

3人がナイス!しています