ID非公開

2021/1/9 8:24

44回答

有期雇用は期間を定めて雇用する契約ですので、雇い主は期間満了まで雇い続ける義務が、働き手は同じく働き続ける義務がると理解してます。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/9 15:27

理由づけも含め、ご回答ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

的確な回答をしていただきありがとうございます。

お礼日時:1/16 0:58

その他の回答(3件)

0

1ヶ月でなく、30日前です。 毎月は同じ日数じゃないからです。 期限内の退職は、労使双方が合意すれば、期日に関係なくいつでもできます。ただし損害を請求されるかも・・・されないかも・・・ 民法 (やむを得ない事由による雇用の解除) 第628条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

ID非公開

質問者

2021/1/9 9:30

「30日前」の出どころを提示願います。

0

拘束はされません。 就業規則で退職は1カ月前に申請とあっても、民法で定められた14日前までに申し出れば退職できます。 民法は就業規則より優先されます。

ID非公開

質問者

2021/1/9 9:29

14日は民法627条無期雇用においてです。有期雇用のケースでの回答をお願いします。

0

定年、期間満了での雇用契約終了以外に、合意解約というのがあります。その規定は1か月前までに申し出れば、この方法による解約も認めますよ、というものです。

ID非公開

質問者

2021/1/9 9:29

Bということですね。