絞りの反物についてご存知の方、教えて下さい。 有松鳴海などの木綿の物でなく、絹物の絞りは、現在行われているのでしょうか?

着物、和服 | 工芸44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、絞りの現状について多くの回答をありがとうございました。一応、まだ少数ながら残っているという事で、安心はしましたが、これからも下降していくようですね。残念ですが仕方のない事なのでしょう。

お礼日時:1/14 17:53

その他の回答(2件)

0

有松鳴海などの木綿の物でなく、絹物の絞りは、現在行われているのでしょうか? A1. 生産されています。 今現在、新品の絞りの正絹反物は、簡単に購入できますか? A2. できます。 絞りの絹物は、あまり出回っていないのでしょうか?(高価で人気が無いなどの理由で)わかる方よろしくお願いします。 A3. 従事者が高齢化しており、若い後継者が育っていません。また絞り工程を中国で行っているものも多いですが、昨今の物流事情はどうなってるのか知りません。絞りの裏打ちに使う「ゴース」という生地が中国から入ってこなくて品薄です。 しかし、藤井絞、片山文三郎商店、藤娘きぬたやなど、絞り専門の製造卸は前向きで健在です。 「京都絞り工芸館」 https://www.shibori.jp/

0

絞りで有名なところでいえば「疋田絞」が有名ですが、 あまり多く出回っているようには思いません。 理由はわかりませんが ①高価であること(職人が少なく、生産量も少ないため必然 高額になる) ②取り扱いをしている呉服店が少ない などがあるかと思われます。 ただ 先日の「芸能人格付けチェック」の番組で、 梅沢さんが総絞りの着物を 番組のためにわざわざ誂えたと 言っていたので、まったくないわけではないと思います。