回答(6件)

4

昨年に国家試験で保育士資格を取得した者です。 合格率は20%程度ですので、そこそこ難関の試験にはなります。 しかし、落とすための試験ではありませんので、きっちりと対策をしていけば合格出来る試験でもあります。 一度に全ての科目の合格が必要では無く、3年間は合格した科目が持ち越せるのも大きいです。 科目は ・保育原理 ・教育原理および社会的養護 ・子ども家庭福祉 ・社会福祉 ・保育の心理学 ・子どもの保健 ・子どもの食と栄養 ・保育実習理論 となっています。 どれもが専門科目です。 合格を目指すには、市販のテキストや通信講座を利用することが必要になります。 ちなみに、私は参考書を覚える方法で合格しました。 参考書、過去問・問題集、ポイント集の3つを使いました。 ①参考書 色々ありますが、おススメは、「翔泳社の保育士完全合格テキスト上下」です。 内容量も多く、内容量が多いにも関わらず、ポイントが明確だからです。 文字もそこそこ大きいので見やすいです。 欠点は、心理学です。ここは内容が薄いです。 私は、この参考書の内容をほぼ頭の中に入れました。 「翔泳社の保育士完全合格テキスト上下」をやりつくした後で、確認したのが、「一番わかりやすい保育士合格テキスト(成美堂)」です。 これは、内容の濃さはトップだと思います。とにかく細かいです。全て理解出来たら合格間違い無しのレベルです。 欠点は、字が小さくて、読みにくいことです。 ②過去問、問題集 「ユーキャン 保育士 過去&予想問題集」です。 かなりボリュームもあるので、力がつきます。 ③ポイント集 「これだけ覚える 保育士重要項目」 です。参考書と同時に覚えると、ポイントの復習になると共に、参考書に載っていないポイントの取りこぼしがなくなります。 特に、試験に出るポイントを抑えてくれていますので、実践力がつきます。 終盤はこれを徹底的にやり尽くしました。 初めはとにかく、参考書を覚えました。 1つの教科を終えると、ポイント集に行きました。 数教科これで進めた後、復習+初教科のサイクルで覚えました。 覚えきってから、再度、復習し(成美堂の参考書も利用)、最後に過去問と問題集をしました。 保育原理は、とにかく保育所保育指針を覚えること。 音楽は、独学よりも知っている人に教えてもらった方が理解しやすいです。

4人がナイス!しています

1

シンプルに考えて。 一次試験(筆記)の合格率は毎年20%弱です。 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000088256.pdf まあ簡単な試験ではありませんね。 わかりやすいところで言うと、保育士資格を取るための専門学校があるくらいのレベルですから。試験が簡単であればそんな学校不要でしょ? 一般教養ではなく、人間の発達とか教育に関することとか保育・幼児教育の歴史なども勉強する必要があります。 参考(過去問):https://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/

1人がナイス!しています

1

テキストが書店で売られていますので ご覧下さい。ユーキャンのテキストが 有名です。私はユーキャンのテキストを 使わず、他社のテキストで合格しましたが、 ユーキャンは通信講座もしているので、 必要なことを網羅しているテキストです。 いわゆる一般教養科目(数学・国語)は ありません。専門的なことが出題されます。 筆記試験に合格すると実技試験も 受けることになります。 筆記試験は科目数が多い上、 どの科目も合格最低点以上取る必要が ありますので、半年以上かけて 勉強しましょう。

1人がナイス!しています

0

保育専門知識がばっちり出題されますので一般教養だけでは難しいです。