回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/12 13:11

33回答

真冬で寒くて暖房ガンガンで電力が逼迫するのはわかるのですが、真夏より深刻なのですか……??

回答(3件)

0

おそらく、夏場の需要が高まる時期に備えて、冬場に発電所を止めて整備しておくためです。 常時全力で運転することはできませんし、コンディションを維持するためには、定期的なメンテナンスは必要です。 夏場に全ての発電所を最大出力で運転しようと思うから、今の時期に止めてメンテナンスしている。 よって夏場よりも使える発電所が少ないのです。 予測が外れて大寒波が来てしまったと思われます。

1

冷房には電気が必要ですが、暖房では灯油が多く使われています。そのため、電気消費量のピークは夏の暑い日のはずです。 今まで、冬の寒さで『電力不足』など聞いたことがありません。 何か別の事情があるとしか思えません。 私の推測する『別の事情』とは下の2つです。 ① 電力会社は『ガス』の販売もやっています。ガスで『電気を作って売る』より、ガスのまま売る方が儲かるため、ガスによる発電を減らしている。 ② 原発を増やしたい(再稼働を早めたい)ための雰囲気づくりのため。 どちらにしても、電力会社のやる事には『本当か?』と疑問を持つ必要があります。

1人がナイス!しています