なぜ国債の価値が下がると金利が上がるのでしょう?

補足

疑問に至った背景は、ある問題で、国債を大量発行するとどうなるか?という問題があったためです。

経済、景気 | 株と経済10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!!!!

お礼日時:1/24 15:29

その他の回答(4件)

0

債券価格が下がると債権金利が上がるは同じことを別の表現で言ってるだけです。例えていうなら10kmの道のりを行くのに現在地を出発点からの距離でいうか、目的地までの残りの距離でいうかの違いです。実質同じ。 なんで債券価格下がる=金利が上がるです。国債を大量発行するというのは国債を大量に売ると言うことなのでその分債券価格は下がりますねといってるだけです☆

0

国債の価値が下がると金利が上がるんじゃない。同時に起きている。というか、同じことを言っている。 何故なら、債券価格と金利は以下の式で完結する。 左辺の利回りを導き出すには、購入価格は右辺の分母にある。 小学生の算数でわかるように利回りと債券価格はトレードオフの関係にある。逆に動く。価格が上がったから利回りが上昇するんじゃない。同時に起きている。同じ事を言っているだけです。 利回り={表面利率+(売却金額-購入価格)÷所有期間}÷購入価格×100 グラウディングアウト 政府が景気対策の為に国債を増発する。国債の需給が崩れ、国債金利が上昇することにより、マーケットの金利を押し上げてしまう。金利が上がると借金することに不利に働く。カネを借りてまで事業を広げようとする動きにブレーキがかかる。金利が上がるから住宅ローン金利も上がり、住宅が売れなくなる。 但し、実際には国債を増発しても金利は上がらない。中央銀行は当たり前だけどそんなことを知っているから金融調節を更に緩和して、マーケットにお金を供給するから、金利は上がりにくい。 学校で習う時はこの事は教えない。学校の先生じゃ知らないんだよ。笑 グラウディングアウト自体は古典派経済学で言われた事ですが、近代経済学では中央銀行がタイムリーに活躍しますから、国債増発は金利上昇には結びつかないです。でも、学校の試験では、『金利が上昇します』って答えないと点数をもらえないから注意。国債のトレーダーやってた経験からすると景気対策ぐらいの国債増発ではマーケットは動きません。 但し、これは現在の金利下での話です。 足元金利が5%とかなら、イールドカーブが上なら影響はあるかもしれません。 因みに、債券の話をする場合、債券価格ではなく利回りで表現してください。金融は利回りで会話します。

0

国債の価値が下がると金利が上がる 金利が上がる国債の価値が下がる。 です。 新発債券と同じような条件にするから。

0

詳細は専門家からの回答まつとして ざっくり ですが 国債は支払う利息が決まっている というのが前提で。。 新規発行で100円で1%なら1円とします 市中売買されますが 価格が200円にあがった場合でも 満期時に利息は1円です 利率は0.5%です 50円に下がっても 満期時には1円 利率は2% ざっくりですが。。