回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/14 20:31

66回答

今まで乗ったなかで最高の板は?

回答(6件)

0

ID非公開

2021/1/15 8:51

ロシの「4G」。

1

今のフォルクル レースタイガーSC 165cm R14 スキー暦40年で最高の板です 踏めば踏んだだけ、切るのも、ずらすのも、素直に答えてくれます さすがドイツ製、質実剛健な気がしますね ヤマハのWC GSモデル プロトGS 懐かしいですね 私もWCでプロトSLモデルが勝ったあと、野沢の試乗会で乗りました いい板ですね、私はSLよりGSモデルのどっしりした感じが好きでした 当時はロシニョールのGS板7Gに乗っていました 当時はデモモデル全盛ではなく、GS板、SL板がトップモデルでしたね 河野さんとか、野沢在住のJAPANのメンバーが足元を調整してくださり、恐縮したものです。このときはツアーで「JR西日本の車両(急行型キハ58)がはじめて野沢温泉駅に入りました」とアナウンスされていました。 懇親会でもらった「野沢の火祭り」を帰りに飲んでいましたね 大阪からJR西日本、自社路線の北陸線経由です

1人がナイス!しています

ヤマハのプロトSL 勝ったのはフィン・クリスチャン・ヤッゲでしたよね 当時はミズノも板を作っていて、ジャンプの板も作ってましたよね

1

1992年頃 ヤマハスキー ワールドカップレーサーGS ❇︎ヤマハスキー生産最後のスキー。 これのSL版はアルベールビル冬季オリンピック アルペンスキー回転競技優勝スキー。 私はそれまでロシニョール V.A.S EQUIP 7S KEVLAR履いてカーヴィングターンでスイスイ快適に滑っていたと思って下さい。 ところがこのスキーに乗り換えたら スイートスポットがまるで点で曲がりません。アイスバーンではエッジが喰らいつくのでいつもサンドペーパーをポケットに入れて滑ってました。 このスキーのおかげで私は点を押さえ続けて乗れるようになりました。 よくよく考えてみればロシニョールってスキーメーカーは下手な私を上手く滑らせくれていた凄いメーカーだと思います。 ヤマハは私を上手くしてくれた感謝してるメーカーです。 オリンピックでヤマハのスキーが金メダル取れたのは凄腕のチューナー居たからのような気もしますけど。

1人がナイス!しています

0

1990年頃、エランから発売された板ですね。 アルペン競技の回転で活躍されたボーヤンクリジャイ氏 https://en.wikipedia.org/wiki/Bojan_Kri%C5%BEaj が、引退後、エランのスーパーバイザー的な立場に就任し、彼主導で開発された板なのですが、競技用でなく、今でいうところの、DEMO系のような板でした。 彼の大ファンだったので、購入しました。 具体的なモデル名は失念しましたが、全体がえんじ色で、文字やロゴ等は紫と黄色だったことを覚えています。ボーヤンのサインもデザインされていました。 あと、強化材としてセラミックが使われていたような…。 もちろん、今の板と単純に比較すれば低性能でしょうが、当時としては、とにかくアイスバーンに吸い付くようなグリップ力と、ショートターンをした時の跳ね返りの感覚、ロングターン時のバタつきの少なさが感動的なくらいでした。 おそらく、当時の板としては、トーションが、かなり強めなのに、ターンの始動が楽な板だったのだと思います。 板の進歩は日進月歩なので、今の板が高性能なのは当たり前ですが、「使用当時」に最高と感じたのは、この板です。 他の回答者の皆様から、NISIZAWA(NISHIZAWAではない)とかロシの4Sなんかの思い出話が聞けたら面白いですね。 ご参考になれば幸いです。