ID非公開

2021/1/15 0:01

44回答

日本刀の事で質問です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

今の時代刀なんて需要が無く価値も全く無いというのがわかりました。 この先のご時世何が起こるのか分からなく、世紀末みたいな世界になった時のために護身用として所持したいと思います笑

お礼日時:1/22 22:24

その他の回答(3件)

0

日本美術刀剣保存協会の関係者です。研磨して鑑定料を払ったら赤字かもしれませんね 手っ取り早く売るにはヤフオクですが写真をうまくとる必要があります 出ているのを参考に写真の撮り方と値段を見てください まとめて刀屋に持ち込む手もありますが、相当安く叩かれます 先日知り合いの刀屋が16万でひきとった肥前忠吉を1週間後に160万で転売したといってました。暴利のように思いますが刀屋だって100%偽物を見分けられるわけではありません 当然買い取りは偽物だったとき損しない値段になります 刀屋で処分するなら何軒か回って相場を知る必要がありますが、値段はその程度だと思ってください。あとは委託販売の専門店に頼む方法もあります。 時間がかかりますが、値段は店主と相談して決められるので安心です

0

江戸時代の刀と言ってもピンからキリまであり一概にいくらとは言えません。 虎徹や真改など最上位のものなら1000万近くしますし、逆に無名刀匠の数打ちなどは刀サイズでも10万円台〜の値段しかつきません。 よくて重要文化財程度とのことですが重要文化財に指定されている刀は30振ほどしかありません。 日本に現在300万振近くある中でたった30です。 重要文化財以下の国や都道府県、市町村指定の文化財だとしてもほんの一部でその辺の家庭に転がっているようなものではありません。 仮に重要文化財級なら数千万円から下手したら億超えます。 また大名家などに代々伝わる刀などは別にして有名刀匠の銘は基本的に偽物と考えた方がいいです。 虎徹と銘が入った刀が10本あったら11本は偽物です。 なのでもし売るとしたら長いもので10万〜20万前後、小さいもので3〜5万円程度だと思います。 日本美術刀剣保存協会で審査して保存刀剣や特別保存刀剣の合格が出れば3割〜5割くらいは値段がアップすると思います。 ただ審査に一振3万円ほどかかりますし、研磨に最低10万円はかかります。(研磨済みでないとほぼ合格しないので)

0

「家にある要らない車を売りたいんですが、幾らしますか?」と同じで 数千円から数千万迄の幅があります。 数十万の買値が付く御刀なら まだ良い方ですね。 ちゃんとした日本美術刀剣保存協会の鑑定を受けて(結構手間と費用が掛かりますが)じゃないと買い叩かれます。 まだお父様から受け継ぐには時間があるでしょうから、一度 日刀保の審査を受けてた方が 遺産相続の際の財産分与でも楽ですし、文化財 重文クラスならば尚更です。