回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/15 16:35

66回答

隣の家の方が役所の人から「高速道路を建設するのだがお宅の土地が必要なので立ち退きしてください」と言われたそうです。

土地129閲覧

回答(6件)

0

確かに、 お隣さんが、羨ましいですね。 それと、 >最近リフォームしたばかりの箇所まで考慮してもらって それって、 お隣さんは、立ち退き料を上乗せしてもらうため、 そのような事をしたのかと思います。 実際、 私の知人から聞いた話しですが、 〇さんの家が道路にぶつかり、立ち退くという話しが決まった途端、 〇さんは、広い庭に もう一軒、掘っ立て小屋のような家を建て、 役所から、立ち退き料で かなりの金額を受け取ったそうです。 なので、 お隣さんも立ち退くと言うのに、 わざと、今、しなくてもよいリフォームを 最近行い、 リフォーム代金をリフォーム業者に頼み、 支払い額を多く書いてもらうなどして、 立ち退き料を 相場よりも多く、手にし、 新たな地へ引っ越されたと思われます。 しかし、 お役所は、自分のお財布から出すのではなく、 皆の税金から支払うので痛くも痒くもないため、 隣の家のような方から 「相場は、この金額かもしれませんが、 我が家は、これだけお金をかけているので その金額ではどきません! が…、金額にによっては、立ち退き話しに応じてもいいですよ」 と言われれば、 高架道路の本体をつくる上部工では、橋脚に"橋桁"を載せ、 その上に道路をつくっていく段取りや日程調整もあるでしょうから、 橋桁を建て工事期日も迫っているならば お隣さんへは、 相場よりも上乗せしてもよいので、 立ち退き交渉を進めたと考えられます。 そして、 相場よりも立ち退き料を多くセシメタ、 アナタたちの税金で、 立派な豪邸を建てるおつもりでいるのかと思いますが… 引っ越したら引っ込したで、 近所付き合いが一からスタートするであれば、大変かもしれませんし、 家庭によっては、 棚から牡丹餅、のような、 何の苦労もせず、急な大金が転がり込む事で、 夫婦間で、揉め事が起こらないとも限りませんので、 もしかすると、 引越しなどせず、住み慣れた土地で、 平凡な暮らしが、一番、幸せな場合もあると思いましょうか(^-^;

0

新築建てられる方がよっぽどいいです・・・と書いてありますが、建物の補償金は経過年数によって減耗、償却されますので、新築価格で補償されるわけではありませんよ。 ただ、築年数が古くそろそろ建て替えとかリフォームを考えていたところに、このような話があり、頭金程度でももらえればラッキーですよね。 自己資金0で新築になるわけではないので、あまり羨ましく思うこともないです。 隣に橋脚が立ち、できた高速道路の日影になるなら、日影の時間数によっては、日照権の侵害にあたりますので、補償があるかもしれません。 ただ、日照が当たらない分の補填として、電気代(照明、暖房、乾燥機など)が支払われるくらいです。建物を移転することはありません。 あと、工事中の振動で建物が損害を受けることを想定して、工事前の建物を調査するというものがありますが、50m離れていれば対象外としてやらないでしょうね。 説明会は今後じゃないですか。 取りあえず今は直接的な関係者に挨拶をしているところでは。 補償の調査を役所やネクスコから請けてやってますが、確かにコロナで説明会が延期とかありますよ。

ID非公開

質問者

2021/1/15 20:06

お隣さんも築30年ほどですが相場より高い土地価格を提示されて、庭の植木やフェンス、最近リフォームしたばかりの箇所まで考慮してもらって今の家より大きな建売が買える額を提示されて(近所にできたばかりの建売がありそこに見学に行ったそうです)嬉しいと話していました。オーバーな作り話ということなのでしょうか?

0

ありえんなあ うちなんか、200m先の鉄道が高架になるからって、説明会の案内回って来たけど

ID非公開

質問者

2021/1/15 17:35

ちゃんと役所が仕事をする役所で羨ましいです こっちなんてなんの説明もないまま着々と周辺整備してって「いつ説明会するんですか?」と聞いたら「コロナのこともありますので」ですって。 コロナ前から工事してたくせに本当に仕事しない人ばかりで疲れました。

0

どんな計画か調べてみましょう、でも説明会はなかったですか?隣がそうなら買収に関係なくても説明会のお知らせはあってもいいと思いますが、買収はすべて規定に従って行います、幸か不幸か掛からなかったと言うことです、諦めるしかないです

ID非公開

質問者

2021/1/15 17:10

説明もなく周辺整備を進めているようです その点も問いましたが「お宅の土地を利用するわけではないので説明義務はない」と現在50m先でたくさんの重機が稼働している状況です

0

道路計画はかなり前から、 質問主さんが購入した30年前にあった可能性があります。 〇〇高速道路建築計画等で検索すれば出てくるかも。 購入時に、数10年先も今が続くと限らない、 と思って不動産屋に聞けば答える義務はありました。 お隣の隣も柱が立つかもしれない。 本当に、お気の毒ですが、 道路の計画がもっと広がる前に土地を売らないと、 最悪、売れないかもしれない。 お隣は立ち退きの保障金がなくても、 売った代金に税金がかかりません。