私って中性とか両性なんでしょうか? 自分は女だと思ってるし恋愛対象も男です。

補足

因みに一人称は普段は私です。 時と場合によっては自分と言ったりします。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 最近はLGBTQの話題が増えたり理解も増えてきてるので、考え方が変わったりというのもあるかもしれませんね。 他の方が言ってる様に、思春期である事が関係あるというのもあながち間違ってない気がしました。

お礼日時:1/22 18:28

その他の回答(6件)

0

思春期には良くあることだと思います。 特に女性の場合は、心理的成長が身体的成長に追いつかず、性同一性障害の様な症状が発生する事があります。 似たような質問を見つけました。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14229212669 情報を集めすぎると、刷り込まれてしまう危険性があるようです。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10224002200

0

>自分は女だと思ってるし恋愛対象も男です という質問者さんへ ①生物学的ジェンダーと社会学的ジェンダー ②ジェンダーレスという考え方 を紹介します。 LGBTQ+は誰も当事者の心のうちをみることはできないので、どのような病院やカウンセラーであったとしても、あなたがLGBTQ+のどれかと診断することも、あなたの自認を否定することもできません。 なので私の回答ではあえて質問者さんをどのカテゴリーにも断定しないように答えます。 ①社会学的ジェンダーと生物学的ジェンダーについて よく性自認で悩まれる人の中には 「社会学的ジェンダー」と「生物学的ジェンダー」を混同する人がいます。 【社会学的ジェンダー】とは誰か他人のために都合よくつくられた「男らしく」「女らしく」というような性のことです。 【生物学的ジェンダー】とは性器や二次成長、妊娠出産といった性のことです。 例えば体が男の人が 「男はどんなに辛くても泣いてはいけない」 「男はデートで必ず女におごらなくてはいけない」 「男は危険で体力のいる仕事を避けてはいけない」 「男は可愛い格好やメイクに興味を持ってはいけない」 「男だから繊細な作業なんかできないだろう」 という決めつけに反発したり違和感を覚えたら、その人は女性ですか? 体は女の人が 「女はいつもおしとやかにしなくてはいけない」 「女は髪を長くし毎日化粧をし私服はスカートをはくべき」 「女は男性を立てなくてはいけない」 「女だから少年誌を読んではいけない」 「女は共働きも増えていますが、料理洗掃除介護に子育てと旦那の身の回りの世話を全部して当たり前」 に反発したり違和感を覚えたら、その人は男性ですか? 「そんなことはない」と思える人もいれば 「違和感があるから異性かもしれない」と 強く思う人もいます。 「社会学的ジェンダー」に違和感をまったく感じないという人はいないですが 違和感の感じ方には個人差があります。 ただし「社会学的ジェンダーに違和感があるから生物学的ジェンダーを変えなくてはいけない」わけではありません。 ②質問者さんに【ジェンダーレス】という考え方をお伝えします。 「男らしく」「女らしく」という 社会学的ジェンダーにとらわれず 特技、服装、趣味、人との関わり、職業などあらゆる場面で自分の思うように生きようという【考え方】が【ジェンダーレス】です。 ・可愛い服も、格好いい服も、自分で選んで着てみたい。 ・髪も短く(長く)したい。 ・「女らしく」「男らしく」と言われたくない ・付き合う人(友達や恋人)を性別で決めつけたくない。 ・自分の一人称は自分で決める。 などのことを「男らしく」「女らしく」にとらわれず、自由に選択できるようにしようというのがジェンダーレスであり 現在、日本はこの【ジェンダーレス】を目指しています。 そして、「男らしく」「女らしく」を押し付けることは差別だといわれています。 ただ、最近はLGBTQ+の言葉ばかりを先に覚えてしまって 「男らしい」「女らしい」に違和感を覚えたり、憧れたりするだけで、 「自分をLGBTQ+のどれかにいれなくちゃいけない」とか Xジェンダーやトランスジェンダーと自称したら、次は 「Xジェンダーらしくしないといけない」とか 「トランスジェンダーだから同性を好きにならなくちゃいけない」とか 「同性が好きだから性適合手術を受けなくてはいけない」とか 別の「~らしさ」を自分に背負わせる人が増えていると感じます。 それって「女らしい」「男らしい」と同じように自分で自分を差別しているのと同じですよね。 多様性を受け入れようとしていたはずが、いつの間にか自分をどこかにカテゴライズしないと生きていけない社会にするための枠を増やしているだけで、苦しみが消えない人もいます。 それはジェンダーレスとは真逆ではないかなと私はすごく危険に感じます。 最近は【ファッション用語】として「ジェンダーレス女子」「ジェンダーレス男子」などの言葉も出てきましたが 「ジェンダーレス女子らしくしないといけないですか」となってしまうと、 ジェンダーレスの考え方をする女性は 可愛い格好やスカートを履いてはいけない。というなら、それは性別による決めつけです。 「性別に関わらず、自分の着たい服を着る」が本来のジェンダーレスの【考え方】です。 だから >イケメンになってみたいと思ったり、制服にネクタイをつけてみたいと思ったり、ショートカットにしたいと思ったり、男子に女の子という目で見て欲しくないと思う時が時々あります。 >ファッションとか美容系の事に興味があるというのもあり、服も女の子っぽいお嬢様のような可愛い系と、男の人が着ても違和感のないようなストリート系の黒い服があります。 という質問者さんにはこの【ジェンダーレス】の考え方が近いのではと私は思いました。 質問者さんが自分は今の自分のままで 「誰か他人に都合よく作られた社会学的ジェンダーは必ずしも全員に当てはまるとは限らないよね。自分は、違和感を感じるな」と感じたり 「自分は性別にとらわれずに私が着たい服を着たい」と自分の意思で考え、意見を言えたらもっと視野は広がります。 そんな人が増えることが将来の日本にとって必要なことだと私は思います。 男、女、である前に、人は人であるべきです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

いつも男子とばかり遊んでる女子がいるけどキスしたら真っ赤になって女の子になる子が結構いますよ! 男性とエッチしたいと思うんなら普通の女性ですよ!

0

その逆バージョンもあるみたいですけど… よくある思考だと思います。 成長過程で…また趣向が変わる事もあるので…あまり気にしない方がいいですよ?