回答受付が終了しました

小学校1年生で習うであろう、5+2=6+1 という等式の意味が直感的に理解できない。 ふつうに5日(月~金)働いたら、週末は2日(土日)休みだが、

算数 | 小学校187閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

2人が共感しています

回答(14件)

1

一週間は七日間なのでおかしくないですよ。

1人がナイス!しています

0

労働時間を含まない質問だと思います。 5+2=6+1 =で結んでいるのであるから、これは同じであることを示している ①ふつうに5日(月~金)働いたら、週末は2日(土日)休みだが ② がんばって6日(月~土)働いたら、1日(日)しか休みがない ①、②を等式にしてみる ①、5+2=7 ②、6+1=7になる 式5+2=6+1 を計算してみると 7=7となり①、②の式が正しいことが証明できる

1

納得はいかないけど、1週間は7日しかないんだよなあ… 気持ち的には、5+2=6+3 でも、ほんとの方は、5+2=6+1。 6日働いたら3日くらいは、ホントは休みたい。

1人がナイス!しています

2

おかしくないと思いますが。。。? 何日働こうと、1週間は7日ですからね。

2人がナイス!しています

1

この場合1は何かを考える。 働いた日も休みの日も1としているのであれば、数字上その区別はない。 同じような考えで理解をしようとすれば、 5日働いて2日休もうが、6日働いて1日休もうが、もっと言えば1日働いて6日ごろごろしていようが、無情にも1週間は過ぎてしまうということ。

1人がナイス!しています