よく自営業の人は年金が少ない、老後は大変と報道されますが、商店街の総菜屋さんでも年収1000万は軽くあります

年金109閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

1

儲かっているところと儲かっていないところの差があるのと生活水準を 落とせない人がいるという点はあるでしょうね。 年収1000万あったとしたら子供を私立で中学から大学まで見ると 生活に余裕はないと思いますよ。商店街などの地域密着型の場合、付き合い でお金を使うというのもあるでしょうね。 結局、年収が上がってもその分、生活水準が上がるわけでそこで貯金が できればいいけどできない場合は老後悲惨になるわけです。

1人がナイス!しています

1

自営でしたが、25年前会社にしました。 現在65歳で 手取りは¥7万 年金¥10万 会社に土地・建物を貸してるということで、借地料¥20万 妻も手取り¥4万 年金¥6万 贅沢しなけりゃ、食っていけます。

1人がナイス!しています

1

商売人生40年以上です。 商売もピンキリで、儲かっている所もありますが、多くは潰れて行きます。 生涯を考えた場合、どうとも言えませんね~ ただ、老後に関して言うと、サラリーマンをずっとしてきて、退職になった人と、根っからの商売人では、商売人は、退職金はありませんが、定年もありませんから、一般的に、健康である限り、ずっと続けますよね。 そうすると、10年もすれば、老後は商売人方が有利になるでしょうね。

1人がナイス!しています

>商店街の総菜屋さんでも年収1000万は軽くあります そして、見栄えじゃないですね。 会社にして大きくして、背広来てクラウン乗ってる社長さんが儲けているか? と言うと、借金だらけ、という場合が多いですし、商店街の野菜屋さんや魚屋さんが、前掛けして小汚い格好で小さな店を営んでいても、結構、儲けている所もあります。 やり方次第ですね。 ただ、大半の人は10年持たない場合が多いですね。 私は、若い頃、会社にして厚生年金でしたから、平均以上には貰っています。 要は、儲かっているか? 儲かってないか? です。 儲かっていれば、将来の対策はいくらでもしていますよね。

0

あなたの言うとおりです。 儲かっている個人事業者は、多額の貯金はできます。その上、65歳過ぎても、70歳過ぎても家で仕事ができ、収入がありますから、老後は困りません。 しかし、困ったことに、国民年金加入者にはそういう人の割合はすごく少ないのです。