新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

新型コロナウイルスは空気感染、エアロゾル感染しますか? 現在の状況はどうよ?

ベストアンサー

3
画像

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

空気中に新型コロナウイルスが漂ってるのなら 風の吹いてる時は 危ないね。

お礼日時:1/24 13:10

その他の回答(6件)

0

空気感染はあり得ません、エアゾル感染というか飛沫感染は有ります 世間一般の認識は空気を吸うだけで感染するのを空気感染と思われていますが、疫学では濃厚接触者からしか感染しないのは、空気感染とは言いません 空気感染をする為には、空気中で長時間感染力を持ち続ける必要が有ります 例えば空気感染で有名な結核菌は、空気中で数か月生息します コロナウイルスの様にエンベローブを持っているウイルスは空気に弱く、微小な飛沫の状態では急激に感染力を失います、ほぼ2mも浮遊すると、感染の危険性は無くなります https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17542834/ 1m離れて15分間会話を交わす場合に感染リスクが有るとされています、すれ違う程度では感染しません https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9582-2019-ncov-02-qa.html 15分間も井戸端会議をすると、十分に濃厚接触者です ソーシャルディスタンスは飛沫が届かない距離ではなく、コロナウイルスが無力化される距離です 新型コロナウイルスがいつまでも感染力を持って空中を浮遊し続けると誤認している人は多く、この知恵袋の回答でも散見しますが勉強不足な回答です 昨年7月にWHOが空気感染を認めたと、ネット上で噂が流れた事が有りますがデマです 単に例外的にソーシャルディスタンスを超えて感染する例がWHOに報告されただけです あくまで例外的ですので、空気感染とはされていません 空気感染をする結核菌の例を紹介いたします 対症療法しかない新型コロナウイルスと違い、今では結核はワクチンと治療薬が有るにも関わらず、いまだに国内で年間2200人ほど死者が出ています 結核で対症療法しかなかった時代には年間145000人が結核で死んでいます これが空気感染をする菌の実力です

0

コロナウイルス自体には粉塵感染や 飛沫核感染等の空気感染とされる感染経路があります ですから今のところ確認されていなかったとしても 空気感染しないということにはならないはずですから 空気感染は存在しているという認識で良いのではと思います 問題はその頻度や程度ということでしょう 感染成立に必要なウイルス量が少なければ空気感染は起こりやすくなり 逆であれば起こりにくくなるはずです 空気の汚染の程度にもよるでしょうから 一定時間内の曝露量として捉えた方が良いように思います 個人の意見です

0

密閉された室内ではエアロゾル感染といって事実上、 空気感染します。 エアロゾル(マイクロ飛沫)の直径はタバコの煙と 同程度なので、屋外でもタバコの臭いが届く距離 (かなり広範囲に遠くまで届きますよね)は ウイルスは感染します。

0

空気感染だけを強く言うなら外は歩けないし、窓を開け換気もできなくなる。

0

いわゆる空気感染ウイルスとはなっていませんから 10畳程度の室内で換気が悪いとエアロゾル化して 空気感染的になることはどこかの飲食店でのニュースを 見たことがあります。 現在ってウイルス自体は変異体が言われていますが 再生産数を0.5ほ押上と聞いていますので 基本的には上解釈と同じだと思います。