中国の歴史を勉強しています。その中で「凌遅刑」というのを知ってしまいました。

中国史 | 世界史102閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(1件)

0

この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。免責事項もお読みください。 詳細 この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。 言葉を濁した曖昧な記述になっています。 凌遅刑(りょうちけい)とは、清の時代までの中国や李氏朝鮮の時代までの朝鮮半島で処された処刑の方法のひとつ。存命中の人間の肉体を少しずつ切り落とし、長時間にわたり激しい苦痛を与えて死に至らす処刑方法である。 歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。「水滸伝」に凌遅刑の記述が記されている。別名を剮、寸磔とも称し、中国の史書に「磔死」の語が多く登場するが、いわゆる磔ではなく凌遅[1]を指し、蒸殺が最も重い刑罰とされた李氏朝鮮[2]でも実施された。酷似した処刑法に隗肉刑がある。刑罰ではないが、人間を神へのいけにえに捧げることも散発的に行われたらしい。この刑に処したのちに人肉が漢方薬として売られることになってい