結局現時点で邪馬台国は畿内説、北九州説、東遷説、どれが1番有力とされているんですか?

日本史82閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

私は北九州から朝鮮南部が邪馬台国と、となえている、長浜浩明氏の説に共感を得ました。邪馬台国は女王国はじめ大小30余りの国の総称で、聞いたことあると思うのですが、魏志倭人伝という書物を素直に読めばそこに書いてあると言ってます。距離を1里70mとすればだいたいの距離が出ますし。距離の根拠はあります。帯方郡とその他の出てくる国の距離を差し引きすればこの距離が出ます。 その距離をたどっていくと今の福岡県みやま市瀬高町女山あたりではないかとのことです。出土物もたくさん出てますし、例の金印も近くで出土してます。 長浜浩明氏の日本の誕生を読んでみれば良いのではないですか?参考になりますよ?https://aziakennkyuusyoinjapn.com/yamataikoku/

1

考古学的には畿内(奈良・纏向遺跡周辺)、文献史学的には北部九州。 現状では特定できるだけの資料がなく、現時点で「邪馬台国は○○で間違いありません」とは「邪馬台国を○○に比定するのはおかしい」と断定的に主張する人の説はあてになりません。

1人がナイス!しています

1

戦後GHQに押し付けられた自虐史観の影響から、5年前のアンケート調査では九州説支持54%・畿内説支持35%でしたが、最近の嫌韓反中ブームに乗って状況が少しずつ変わって来てると思います。

1人がナイス!しています

0

学者は70%近畿説。 素人は60%九州説。 魏志倭人伝の記載と纒向遺跡発掘内容とは益々離れるから。遺跡推定は±50年の幅がある。±数年の方法は日本では採用されていない。 東遷説は九州説の亜流。 近畿説では東遷すれば、朝鮮半島になる、日本書紀と違って来る。 学者、作家の金儲けネタ。

0

中国の史書「魏志倭人伝」から紐解くと北九州説が最も有力に成りますが、当時の距離感に一抹の不安も有って其の根拠がハッキリしません。 判らない侭の方がロマンも有り、各々方の推論で好いのではないでしょうか。 尚、此の件に就きましては松本清張氏が小説で「陸行水行」を発表しています。