子供が自閉症と診断されました。

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ご指摘の通りで、胸にグサッと来ました。 今、家庭で困り事はないですが、集団生活で困るのではなかろうかと感じています。それが集団で揉まれて鍛えられるのか躓くのか悩んでいました。 今回の相談は 定期検診で指摘→親子教室に参加→保健師に医師による発達相談の依頼→臨床心理士のテスト→発達相談 といった流れでした。親子教室よりあとの流れは私の希望で動いて実現したものです。困ってはないけど違和感の答えを出したかった。それがこの子のためだと思って。それでいざ答えが出たら慌てるなんて無様ですが。。 診断を受けたことで、「変わっている子」から「弱点のある子」と親が認識できるようになっただけでも今回の診断の意味はあったと思えるようになりました。あと、自分は関係ないと思いたかった療育施設への扉を開いてくれたことにも。

その他の回答(12件)

0

こんばんは。 私も、小さい時から「なんか育てにくい…」と感じていた娘のことで何年も悩んでいた母親の一人です。 悩み調べる過程でわかったことは、育てにくさとして現れてくる性質は、グラデーション上に折り重なっているので、 「ASD」だけ「ADHD」だけ「LD」だけ、の特徴がある場合は稀のようで、 さらに、診断としてはその程度が強い場合で、医師が判断した時のみ「障害」とされるそうで、その診断もかなり医師によって差があるようです。 うちの子も「発達障害?」と悩んだこともあるのですが、その概念を知って、いろいろと納得・理解できたところです。 そして周りのお母さんを見ると、子供自身の問題よりも、診断された…ということをお母さん自身が思い悩んでいる辛さを抱えている方の方が多いです。 ご参考までに、 私が相談した時にお世話になった先生のサイトをご紹介をさせて頂きます。 育てにくい、と感じている子供の癇癪の対応を専門にしておられる方です。 https://desc-lab.com/nanahoshi-hiroba/ 自閉症と診断された方の体験談もありました。 療育だけでは物足りなさを感じる場合もあるようです。 https://desc-lab.com/nanahoshi-hiroba/3250/ 少しでもお役に立てたら嬉しいです。

0

無理に認めなくていいんですよ。 あなたはちゃんと子供をみているし ちゃんと、考えてます。 癇癪や常同行動もなく、困り感が少ない子なら いきなり自閉スペクトラムだといわれて はい、そうですかとはなれないですよ。 言われてほっとした、って言うタイプの親子は 日常生活の困り感が強いから診断にホッとするわけで‥。 とりあえず療育にいけるのならば、今は行っておいて 様子見が良いのではないでしょうか? 発達検査は1年経ったらまたら受けれると思いますので 性格的なところが大きい子なら、そのうち落ち着くでしょうし もし逆パターンでも、はやくから療育に行けてることに なります。 ○重度自閉症は早期に発見されると聞いたことがありますが、知的障害の伴わない軽度自閉症でも3歳までに診断されることがあるのか?→先生によるとおもいますが、困り感が強い子ならあり得ると思います。 ○子供は現在たくさん指差しをしますが、開始が遅かったことは自閉症の判断材料になるのか。→それ単体ではならないとおもいます。よんで振り返らなかった事や、対象の人を見てなかったのが気になったのかとおもいます。同年代の子と一緒に遊べるようになるのは、定型の子たちでも年中さんの後半くらいが平均です。

まさに私の気持ちを代弁してくださいました!そうなんです。「こんなに可愛いのに!私のこと頼ってくるのに!なんで!?」…自分で望んで発達相談受けておきながら何だそれ、て感じですが。。 療育施設に1年は通う方針になりそうです。きっと今回診断出ていなければ出来なかった決断です。医師には感謝です。

0

元小学校教師をしていました主婦です。現在5歳男児3歳女児の お母さんです。子供ではなく私が発達障害で障害者手帳2級です。 軽度自閉で知的障害なしということでしたらいわゆるアスペルガー 寄りなのかもしれませんね。まだ1歳そこそこでは正確な診断テストは できません。現時点では傾向と捉えて良いんじゃないでしょうか。 うちも息子に遺伝しているんじゃないかと何度か調べてもらったり していましたが、きちんと判断して問題なしと分かったのは4歳手前 くらいで、コミュニケーションがしっかり取れるようになった時期 でした。1歳2歳ではまだまだきちんとはわかりません。ただ、 私自身の子供の頃はかなりわかりやすく、どう見ても変子だった ので自分が親なら心配だったろうなと思いますねw時代的にまだ そんな障害の認識も薄かったので変なだけでスルーされていましたが。 ですが私も知的な遅れはなく、国立大学を卒業して普通に過ごして いました。友達や恋人もでき、結婚し、今は家庭がある主婦です。 でもあなたのおっしゃるように通年で集団生活は少し苦手でした。 それにあまり無理をするとすぐに疲れて高熱が出てしまったり、 やはりどこか他の普通の人よりは弱い面もありました。そういった所 をいずれは自覚し、うまくフォローできるようになれば不便なところも クリアしていけるので、やはり今後何か本人がしんどそうなことが あれば療育なり加配をつけるなり配慮があると楽しい学校生活が 送れるのかもしれませんね。 私の場合は聴覚過敏がひどく、学校がとてもうるさかったんです。 みんなそうだと思っていたので自分だけ辛いとかは思わなかったの ですが、耳はいいのに授業が聞き取れなかったり、うるさすぎて 頭痛を起こして静かな保健室や図書室に避難しがちだったりしました。 大人になってからも百貨店や病院など、静かな場所を好んでいます。 ですのでそういった特性が日常生活の邪魔をしていないかなどは 気にかけてチェックしてあげてくださいね、音に過敏な子や、視覚、 触覚など、いろんな分野で苦手な子がいます。こだわりと言われる 特殊な自分ルールなども、側から見ると謎なんですが、本人的には 衣食住より重大事項であることもあるんですね。そのへんを叱ったり せず、家族の人は極力味方になってあげてほしいです。

発達障害をお持ちの方のご意見、胸に染みます。ありがとうございます。子供があなた様のように充実した人生を歩んでいく事を、親として願わずには居られません。きっとあなた様もご苦労されつつ、ご家族が味方だったのでしょうね。 感覚過敏やこだわりは、なかなか理解するまで時間がかかりそうですね。私も子供のことを愛してると言いつつ、子供の理解不明な行動(幼児だからなのか、発達障害から来るのかは分かりませんが)にイラッとしてしまいます。。

0

発達障害は小学生になりませんと判らない場合があります 児童家庭支援センターや子育て世代包括支援センターを検索し電話やメールで現状を相談しては如何でしょうか あと図書館で渡部伸という方の書籍を借りて御一読下さい

2

自閉症の子を専門で訓練している人間ですが、誤診云々は気にするだけ無駄です。 そもそも自閉症児を正確に診断できるほど医療が発達してないので、誤診も普通にあります。 誤診を恐れるよりも、医者が誤診をおそれて診断を遅らせることのほうがはるかにやばいです。 あと気をつけなければいけないのは、自閉症は未だに「どういう障がいであり、どういう遅れを子どもにもたらすのか?」 という根本的なことがいまだによくわかっていない障がいです。 しかも障がいの出方もこどもによって全員違います。 だから自閉症の親御さん同士でも、自閉症を語ることが非常に難しいのです。 医者の診断も要注意です。 自閉の診断自体はさほど難しくよみはないのですが、「子どもにどういう遅れがあるのか?」ということは医者も全然わからないのが現状です。 たとえば追視におくれがあって、読み書きが極端に苦手。 子どももそれを自覚して、読み書きを極端に拒否する。 はじめは学習姿勢の悪さを疑いましたが、実は追視におくれがあって 読み書きが苦手。それで子どもが拒否していた。というのが真相でした。 医者も作業療法士もそして自分も追視が原因だとは誰一人気づかなかった。 (その子はもともと訓練が嫌いだから、単純に訓練が嫌いなのかとおもっていた) たまたまおれが中度自閉症児の音読の訓練をやったときに、「知的におくれがある子よりもヘタなんてどう考えてもおかしい」とおもって、追視を疑いだして、親御さんにビジョントレーニングの先生にみてもらうことをすすめて はじめて追視のおくれが発覚したのです。 自閉症はこの手の話がよーくあります。 偉い先生だから、自閉症の権威だから、専門医だから、見落とすはずはない。 なんて思わないでください。 自閉症というのは未知の深海魚みたいなもんです。この道の専門家でもわからないことのほうがおおいです。 だから今は自閉症があるけど、それが具体的にどういう遅れがあるのかよくわからない。遅れを知るために、そして遅れを補うために、早期に訓練をはじめる必要があるとおもってください。

2人がナイス!しています

プロの方でもそのように手探りでの療育になるのですね。体と違って心の話は難しいですね。 1歳8ヶ月検診で指摘→2歳2ヶ月で療育開始になります。この動きは遅いですかね?自分としては早くに動いたつもりで、保健師さんなど周りの方もとても協力して下さったのですが。 施設入所は4月なんですがそれまでにしておいたほうが良い事などあるでしょうか? 近隣の施設は1つしかないですが、他市の他の施設とかも見学したほうが良いでしょうか?