大河ドラマ「麒麟がくる」感想戦!? 第41回【月にのぼる者】 みなさんいかがでしたでしょうか? 感想をどうぞ。 私は、緊張しましたね・・・。

日本史 | ドラマ419閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

3人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

みんなノリノリで濃かった! 緊張感とゆうか、自然と集中しちゃってました。 見終わった後に疲れたなと感じるほど^^。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

濃い!ラストスパートですね!

お礼日時:1/25 8:02

その他の回答(9件)

2

史実ドラマではなく 大河ドラマという意味では 久しぶりにスケールも大きくて 見ごたえあると思います。 事実と違うとか登場人物の描写がおかしいとか 意見もあるみたいですが 光秀を取り巻くドラマとしては秀逸だと思います

2人がナイス!しています

3

この時期で菊丸に対して「また会おう!」は重すぎるな 次会う時は地獄か山崎かどっちかだろうに・・・

3人がナイス!しています

菊丸、これで退場ではなく、 もうひとつ見せ場がやってきそうですね! 次に会うとき、、、 家康が完成した安土城を訪れるとき、と予想! 安土城で何かが起こりそう!

4

同じ日曜日の朝、大河ドラマ「太平記」がすごかったです。愛憎劇というか、まさに人間ドラマという感じをうけました。 その点「麒麟がくる」は、どちらかというと「本能寺の変」の謎を解くフィクションドラマという作り方で、史実性とか人間ドラマ性は二の次という感じです。 視聴者の好き嫌いが分かれたり、視聴率がいまいちというのは、そのせいなのかもしれませんね。 【少し気になること】シリーズ 1)この時点で、長曾我部元親が出てこないということは「四国説」はボツということみたいですね。 2)この時点で、毛利勢が出てこないということは、「木津川口の戦い」がボツということみたいです。もしかして中国大返しも無し? 3)秀吉が何故、家臣に菊丸を追わせたのか? 必然性はあるのか? 理由がさっぱり判らない。 4)菊丸はもう出てこないのでしょうか? 服部半蔵なのか石川五右衛門なのか、はっきりしてから最後の出演にして欲しい。(お駒ちゃんも同様。) 5)安土城の大広間はおっしゃるとおり、スタジオセットだったようです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/0968fb46f235a6c9ca9b2585a9eff1e0709fdb61

4人がナイス!しています

笠にトンボさん、どうもです! 太平記、気になるなあ・・・。 凸は現在、 安部龍太郎さんの「士道太平記 義貞の旗」を読書中です。 楠木正成が好きなんですけど、 新田義貞も好きになれるかもしれません。 【少し気になること】シリーズ 待ってました♪ 1)四国説 あと3回?どうやらこれはなさそうです。 2)毛利勢 本能寺でラスト?そんなニュースがあったような・・・。 大返しはもちろん、山崎の戦いすらないのかもしれません。 3)秀吉が菊丸を 平蜘蛛の件といい、秀吉が光秀をライバル視? いや、もはや敵視しているのかな。 とにかく今回の秀吉は嫌われ役ですね。 4)菊丸 服部半蔵説はそうかもなと思ったけど、 まさかの石川五右衛門??? だから秀吉に狙われてるってことか!? 5)大広間 セットだとゆうことに更に驚き! これは天守も期待して良いのかな♪ 天守建築中の足場が出てきましたね。

3

大広間が 広すぎて 御所がショボいなっ て思ってました 信長側 (一段高い側)が 狭かったのも 気になりました

3人がナイス!しています

あの狭い中庭?もあれはあれで、 周囲とは隔離された別世界って感じがしました。 信長側が狭い、よく見てますね。 私はあの大広間の天井に目がいってしまう。

4

面白く観てきていますが、謀反人を正当化する創作ドラマなので、正統派の私には、かなりストレスの多い回でした(仕方ないですが)。 有ろうことか、賢妻・帰蝶にも同盟者・家康にも、誰からも背かれ、孤立化を深める信長下げ描写も、いよいよ佳境に入りましたね。 安土城広間で、主君信長に、家臣光秀が、生き方のお説教をするとか、光秀必死の平蜘蛛贈呈に対して、茶人への売却話で、信長が受けるとか、これでもかこれでもかの信長下げ下げ描写という、あり得ない設定が、今回のトドメでした。 あり得ないお目通りで、信長を監視せよとの、これまたあり得ない勅命を受けたからには、たぶん、明智たまと光秀の安土城内見学、そこで、天皇をおろそかにするような、何かを知り、光秀に謀反の大義名分を授けるような、次回は、そういったシナリオかもしれません。 今回は、こんな風な、感想を持ちました。

4人がナイス!しています

正統派のご感想ありがとうございます! 正統派とは正反対の麒麟派?の私にとっては、 今の信長にも十分に魅力を感じられています。 普通じゃないところに^^。 下げ描写にも信長の異端者ぶり、狂気を感じられて怖いくらい。 平蜘蛛の嘘を咎めるわけでもなく、 金で売り買いされる茶器に過ぎないとしてしまう信長、 久秀と光秀があれだけの覚悟を持ってやりとりしたものを、 あっさりと・・・。これはホントに恐ろしい。 そのシナリオ、ありそう! 大広間で度肝を抜かれましたので、 安土城天守の完成も楽しみです。