なぜバイクにはアライメント調整てないのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・

画像

新車 | 新車88閲覧

その他の回答(6件)

1

量産車は設計者が設定したアライメントが精度内で生産出来るようにしているので、 オーナーが自由にセッティング出来るようにしているものではありません。 部品や車体の量産精度が上がれば調整機能は組み込まれません。 車の中でも調整出来るのはトー位で他の要素は専用部品を組み込まないと出来ません。 そしてトーは左右輪の関係で決まるので二輪では無い要素ですから量産の二輪にアライメント調整は必要ありません。 アライメント調整をカスタマイズする人は微妙な性能差を追求する人なのでそれなりに部品を変えて実施しているだけです。 ちなみに二輪はフロントの突き出しやリアのスプリングプリセットをキャスター角を変えると応答性や直進性を変えられるので車よりノーマルでも調整幅はありますよ。

1人がナイス!しています

5

二輪車もアライメント調整はする けど オメーのそれは 「四輪アライメント調整」だ べ。なんで二輪車が四輪アライメントとるんだ? 「アライメント」の意味 知らねえで質問 してんの か。

5人がナイス!しています

5

フロントは、フォークの突き出し量を変えたり、 ステアリング・ステムを交換する事で リアは、サスの全長を変えることで ある程度のアライメントの調整はできますが、 バイクはフレームの形状やエンジンの搭載位置で、 設計段階から、ハンドリング特性が決まってるので、 後からアライメントをいじっても、 操縦安定性が悪くなるだけで、 あんまりメリット無いですよ。 ハーレーダビッドソンを、レーシング・カスタムして 骨身に染みました。

5人がナイス!しています

1

お示しの図で、バイクに有るのは、キャスターだけで、2輪4輪にかかわらず、キャスターの接地点と、タイヤの接地点との間隔のトレールが有ります。 4輪の場合、左右のタイヤのアライメントに違いがあると、真っ直ぐ走ら無かったり、ハンドルの戻りがおかしいかったり、タイヤの減りがおかしい為ったりします。 2輪には、左右の違いは関係無いですから、前後が一直線に並んで居て、直進性の為にフロントタイヤのキャスターとトレールだけで、事足りるのです。 最近流行りのフロント2輪バイクには、当然トー角やキャンバー、キャスターとトレールが有りますよ。 細かな調整と言いますが、普通の乗用車のフロントサスペンションは、トーの調整しか出来ません。 後輪は、全く調整出来なかったり、トーが調整出来る位です。 オフロードバイクなら、キャスターが寝て居て、大きなフロントタイヤとが作るトレールも大きく、オフロードでの直進性を高め、ロードバイクなら、キャスター角が少な目にして、18、19インチタイヤとの組み合わせで、少ないトレールで、コーナリングの切り返しが素早く出来る様に為って居ます。

1人がナイス!しています