火事でボーボー燃えてる家を見ると脳内麻薬が出る人がいるって本当なんですか?

キャンプ、バーベキュー | 災害36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:1/24 0:54

その他の回答(4件)

0

絶対とは言いませんが、アドレナリン依存症とも呼ばれるものかもしれません。 興奮や緊張、恐怖や不安を感じたりすると分泌される神経伝達物質(脳内麻薬)の一つです。 極端に危険なスポーツを興じる人にも多く、死の恐怖・緊張感が欲しくてどんどんエスカレートしていきます。 炎には人を安心させる働きがあります。 ただ制御不能の大火となると話は異なり、動物は本能的に恐怖してしまいます。 ただこうした人は極度の興奮を覚え、どんどん激化するそうです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

放火魔ね。死刑になるやつですよ。 人が死ぬの見て喜ぶ人と同じく異常者です

0

犯罪は兎も角、炎には人を引きつける力があるようです 何かを燃やすという行為は世界中であらゆる宗教に取り入れられており火そのものを信奉する教えもあるくらいですからね