ID非公開

2021/1/19 20:14

33回答

JA共済の養老生命共済の見直しについて

補足

書き忘れました。 現在は皮膚科と、胸のしこり(乳がんではない)の経過観察で乳腺科へ通院しています。これから終身保険へ入ることは難しいでしょうか?

生命保険 | 保険78閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/1/20 22:36

ご回答ありがとうございます。 終身保険にも緩和型があるのですね。割高な緩和型に加入するなら、早い方が多少なりとも掛金が抑えられてよさそうです。今後彼とも話し合って検討したいと思います。 誰かを養ってはいないのですが、やはり金額が大きいですか。特約を削るかなくす方向でいこうと思います。 収入保障保険も見てみますね。定期保険が割高というのは、終身保険と違って、保障期間が限られている割には高い、ということですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

保障の下がるタイプが割安という情報をいただきましたので、こちらの方に。 皆さまに検討すべきポイントを教えていただき、大変参考になりました。ご回答いただきありがとうございました!

お礼日時:1/21 19:30

その他の回答(2件)

0

もし、拙者が質問主さんの配偶者(婚約者)なら、こう言いますな。 「主契約と入院特約だけでいいよ。もし貴女に万が一のことがあっても葬式代だけでいいしさ。これから俺の給与で生活するんだから高い死亡保険金なんて必要ないよ。その分自分のお小遣いにしな。災害特約なんて要らないよ。だってさ、交通事故で怪我したら自動車保険があるし、電車事故なら交通機関が保障してくれるさ。あ、でも今は乳腺症か何が罹っているんだよね。だったら入院手術特約だけは残しておこうよ」ってね。 ところで、過去に支払いされたという手術給付金の特約は? もしかしたら主契約にセットされてるのかしらん? だったら主契約以外の特約はすべて要らないと妻に言います。

ID非公開

質問者

2021/1/20 22:24

ご回答ありがとうございます。 婚約者の立場ならそう思うのかな、なんて考えながら拝読させていただきました。死亡して遺すより、これからの生活に使ったりお小遣いとして持っておいてもいいかもしれませんよね。 過去にいただいた手術共済金は、別で加入しているJAの医療共済によるものです。他社の医療保険も気になりますが、謝絶される可能性がありますもんね。こちらは今回はこのまま継続しようと思っております。

0

配偶者の収入と資産次第だろ? 質問者が死亡しても配偶者(と子供)が生活に困らないなら、特約の1300万が必要ない 「必要」という意味でだ 必要はないが、いくらか残してあげたい、と思うなら、その額を残せばいいだけだ 他に死亡保障のあるものは加入していないのですが、終身の死亡保障のつく共済か保険を契約した方がいいでしょうか? →いらないだろ また、掛金が少なくなり保険料控除が上限ではなくなることは、デメリットが大きいですか →たいした節税ではないから本末顛倒

ID非公開

質問者

2021/1/20 22:48

ご回答ありがとうございます。 必要かどうか、残してあげたいかどうか、ですね!色々考えすぎて、ここを見失っておりました。 死亡保障は要らなさそうですかね。更新前ギリギリのため充分話し合えていないのがいけませんが、彼の考えを聞いてみます。 掛金を減らしても控除において心配することはないとのこと、一安心です。