後期高齢者医療制度の保険料について

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/1/20 9:17

ご回答ありがとうございます。 ①についてですが、父(74歳)が世帯主で、私(40歳)が年収400万です。父の収入は年金90万のみです。 後期高齢者医療制度の保険料は世帯分離してもしなくても変わらないという認識でまちがいないでしょうか? ③については世帯分離したほうがお得ということなので、 今後のことを考えると世帯分離したほうが良いのかなと思いました。 世帯分離するデメリットは役所で住民票などを取得する場合、委任状が必要になるくらいでしょうか? お忙しい中すみません。 お時間ある際に再度ご返信頂けないでしょうか? 何卒宜しくお願い致します。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

数々の質問にご丁寧にご回答下さりありがとうございます。 ベストアンサーに選ばせて頂きます。

お礼日時:1/21 6:20

その他の回答(1件)

0

①については、 後期高齢者の健康保険料は、 まず、その人のみの収入で計算します。 低所得者ならば、軽減対象となるも同世帯の方が課税者なら軽減されません。 ②と③については、 世帯分離して、同居でも、別世帯にして、住民税非課税世帯にするのがお得でしょう。 健康保険料は、1/4程度になるでしょう。 又、健康保険料だけでなく、介護保険料も半額以下となる筈です。 我が家の母親の手続きでは、母親の委任状が必要になりました。 但し、本人の署不要、認印で済みました。 この辺りは自治体で若干の違いが有るかもです。