ID非公開

2021/1/20 13:47

55回答

電車って、平坦の区間で130キロ近くまで出して惰性走行したとすると、空気抵抗で速度がどんどん落ちていくものですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の方もありがとうございました。

お礼日時:1/24 22:02

その他の回答(4件)

0

どんどん落ちますよ。 新幹線など常に全力走行してないと285km/hなど保てません。 100km/h台の各停電車でも、惰行して次の駅まで3kmぐらい走りますが。10km/h以上は平坦線でも速度が低下します。

0

普段から、常にモーターをフル回転させている訳ではないですからね。 頻繁に ニュートラル状態にします。力行と言ってモーターをONじたり、OFFにしてます。 130Km/hで力行して、ニュートラルにした場合なら、結構な距離惰性で走りますよ。 重量が有って、非常に転がり抵抗の小さい鉄輪とレールですから、100Km/h迄は速度の落ちが速いでしょうけど、それ以下は車両の全面形状からの空気抵抗の効果は減るわ。 ちなみに、JR西が90年台新幹線の省エネとして、各駅停車のこだまを駅への入線の為、3Km以上前から惰性で運転すると言う運用を一時期していました。

0

マスコンを切れば、惰性走行になります。 空気抵抗もあるし、レールと車輪の摩擦でも徐々に落ちます。車ほど顕著じゃありませんが。

0

130㎞からの惰性走行の時は電車どころか、乗り物全てが空気抵抗や接地面(タイヤや車輪)の摩擦抵抗でどんどん速度が落ちていくよ。 自転車もペダルを漕ぐのやめたらいずれ止まるのと一緒。 電車が惰性走行できるかは知らないけど。