相続のより兄弟で共有している土地を兄に買って貰う事となった場合の質問です。

税金 | 土地45閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

良く分かりました。有難う御座いました。

お礼日時:1/22 6:52

その他の回答(4件)

1

70坪って140坪の土地の1/2の持分という意味でしょうか? それなら、本来11,200,000円で売るべきものを、9,100,00円で売ったわけですから、210万円に対して贈与税が兄にかかります。税額は10万円です。 譲渡所得については、親がその土地を取得して以来5年以上経過しているでしょうから、長期譲渡ということで税率は20.315%(所得税と住民税で)。親が買った値段がわかればそれが取得費ですが、わからない場合は売却額の5%が取得費です。仲介業者は入れないのでしょうから、ザックリ175.6万円の所得税住民税がかかります。

1人がナイス!しています

1

評価額より高く売ったら売った側が譲渡所得税を払い、評価額より安く売ったら買った側が贈与税を払う事になると思います。なので210万円に対して贈与税(10万円)がかかってくるでしょう。 当方も2人共有名義の不動産を単独名義に変更する為に買い取ってもらいました。評価額での売買を行ったので売り手買い手とも税金は一切払わなかったです。 どうしても910万円での売買としたいのなら、とりあえず評価額の1120万円で売買しておいて、210万円の差額は暦年贈与で2年に渡って返しても良いかも。

1人がナイス!しています

1

まあ、3万円差があるので、3かける70、210万円が贈与になる、可能性がありますね。 贈与税が課税される可能性があります。210万円の贈与でしたら、10万円以上、贈与税の納付が必要になりそうですね。約10万円ぐらいでしょう。 路線価で売買して、差額を暦年で111万円(このとき1000円の納税、申告)の贈与を、2回繰り返せば、贈与税が2000円で済みますが、、、、。

1人がナイス!しています