発達障害を抱える男性が、「どうせ自分みたいに、甲斐性なしで生物学的にも劣っている奴を、パートナーとして必要としてくれる女性なんて、誰もいないんだから」という、自己肯定感の低さに起因する恋愛や結婚に完全

発達障害 | 恋愛相談110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

劣悪遺伝子を後世に遺さないためにもいいんじゃないでしょうか 結婚から背を向けるというのはそういうことでしょ(=子孫を遺さない) 個人的にはメンヘラの遺伝子も遺してほしくないですね https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11234357296 女の欠点とゆとり世代の欠点とを両方とも極大にまで増大させ 足して二で割ったのが一言で言えばメンヘラの特徴です。

1人がナイス!しています

あと 「躁うつ病」「新型うつ病」「パーソナル障害」の因子をもつ遺伝子も淘汰されるべきですね、彼らの治療や休職の保障につぎ込まれる社会保障費の増大だけ招いて社会全体の前進に寄与しませんから ↑ちなみに最後のパーソナル障害ってやつは、 常磐道の煽り男が自分の弁護士に「精神障害を主張して量刑を軽くしてもらいましょう」というアドバイスのもといきなり主張し始めたでっち上げ症候群として有名です

0

本人にとっては良い傾向、周りにとっては悪い傾向なんじゃないですか 本人の周りは、「他人」は障害を言い訳に甘えて努力を怠っている、みたいに感じてしまい、「他人」は甘えてる、っていうのは悪い傾向ですね

0

ID非公開

2021/1/20 20:52

障害を自覚されて、進まれていれば、理解してくれる女性はいると思います。

それでも、障害者雇用でしか働けないワープアの男性なんて、健常者の女性にしてみれば、対等な人間としてすら見る価値なんてないでしょ? 女性にとって、結婚は裕福な生活を享受する為にするものだという大前提を鑑みれば、自分が共働きして支えないと、生活すらままならない下等な男となんか、結婚したって不幸になるだけなんですし。