よく東京生まれ東京育ちの人間が「地方から東京に上京してきた人間は帰る場所があるから羨ましい」とか言いますけど東京が帰る場所じゃないん

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

現実逃避できる場所があってよい、という意味だと思っています。 それが欲しくて旅に出たりする訳だけど、旅とはまた別に、心落ち着く、現実を忘れて寛げる場所があって羨ましい、ということだと思います。 まぁ地方組の、上京した時のどうしても付きまとう苦労を思えば、東京人も何か思うところあり今をクリアしたいなら、新天地を他所に求めてしまえば同じようになれるんですけどね。

0

そういう場所すら無い、という事ではないでしょうか。 私の親の実家は東京の江戸川区、小岩と言う町にありましたが早い話、皆死んでしまって、後継ぎも別の土地に移ってしまって、今はアルバムの写真しか残っていません。私も生まれた頃は墨田区の亀沢のボロ家に住んでいましたが、当時家が有ったと思しき辺りは車が行き交い、やたらに広い空の下で父親に楽しそうに三輪車を押されている写真が残っているだけです。ちょうど東京オリンピックが終わった後の頃の話です。 そういう人間からするとやはり帰る故郷が有るというのは良いなあと思うもんですよ。

0

すでにずっといる場所なので今いる場所とは別の帰る場所では無いですよね。 先祖代々ずっと東京ですので子供の頃に田舎がある(田舎に遊びに行ける)友達を羨んだことはあります。

0

そんな事言った事も思った事もないですけどね。 多分、帰る田舎があるのは良いなって事のような気がします。 東京生まれの両親だと、田舎がある人を羨ましいって思う人も居るような気がします。

0

私もこういう会話はしますが、実際のところ大した意味では使っていません。 出身地の話は困った時の世間話のネタのひとつですし、 実際には東京出身だろうが地方出身だろうが特にどうでもいいと思ってます。 トークをつなげるためのただの材料です。