エミュレーター、エミュROMについて解説してください

ゲーム | パソコン18閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

エミュレータとは、所定のコンピュータや機械装置の全機能を模倣する機構のことである。特に実機が存在するもの、ないし実機の内部ロジックそのものを再現するもの、を指すことが多く、仮想化技術(仮想機械#システム仮想機械)のひとつでもある。一方、Java仮想マシンなどの仮想機械(仮想機械#プロセス仮想機械)は、原理的にはエミュレータと同様のものだが、模倣対象の実機が存在しないため、エミュレータとしないこともある。 エミュレータの需要の背景には、既に摩滅して、市場で入手困難になったハードウェアの代用品として、あるいはまだ存在していない製品の代用や、クロス開発の実行環境として、開発段階で汎用性のある現用のパソコンを流用しようというものがある。これらは、所定の環境で動作するソフトウェアを、ハードウェアやオペレーティングシステムが異なる環境でも動作させることを目的とする。 コンピュータ上で動作するエミュレータの多くは、ソフトウェアによる実装が多い。ハードウェアでエミュレートするものもあり、産業用に広く使われている。 ICE (In-Circuit Emulator) やROMエミュレータ等はハードウェアによって実装されたエミュレータである。プログラマブルロジックデバイスに他の集積回路と同等のものを実装したものも一種のハードウェアによるエミュレータである。

エミュレーターは、1台のコンピューターで複数のOSを動作させたい場合や、MacでWindows用のソフトウェアを動作させたい場合のほか、生産中止などで入手しにくくなったハードウェアに対応するソフトウェアを動作させたい場合などに活用されることが多い。コンピューター上でAndroidアプリを動かしたり、ゲームソフトを動かしたりするためものもある。 エミュレーターと似た言葉に「シミュレーター」がある。シミュレーターも疑似的な動作環境を生成するためのソフトウェアではあるが、飛行機や宇宙船などの操縦訓練・試験のために実際の条件を再現できるようにしたもので、比較的大規模なシステムを指す場合