ID非公開

2021/1/21 15:27

1010回答

一酸化炭素中毒の死亡は苦しいんですか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん回答ありがとうございました! 最初の方をベストアンサーにさせて頂きました 詳しく説明してくれた方もありがとうございます

お礼日時:1/21 22:30

その他の回答(9件)

2

まあ 一般的に知らないのは当たり前かもね 生きてるんだから 私自身キャンプインストラクターでもあり 店舗などの運営すると消防の指導を受けたりするので 火災の怖さ や火の怖さを指導されますが 実際怖いのは 「火ではないんです」ってことを叩き込まれます。 火災でも火で死んだ方はほぼいませんと言われますね ほぼ一酸化中毒で 酸欠による即死 もしくは意識が飛んで体が動かず 逃げ遅れるという具合です 一般的に指導する際に どんな感じになると思いますか?と聞くとほとんどの方が 苦しい〜〜って思うらしいですが 苦しくはありません。 ごく短時間で あれ???っていう感覚から 意識がなくなります 徐々になんていう中間がないんですよ。 ほとんど やばいなあ どうしよう ヤバイヤバイってなると思うでしょうが そんなことなりませんので心配は入りませんよ 苦しまずに天国へ旅立てますから 安心しましょう。

2人がナイス!しています

2

起きている時に、だいたい200から300位のセンサーの値で、30分位すると頭痛がしてくる。吐き気もあることが。 それは、私は経験があります。 それで、センサーを購入しました。 ちなみにテントの中ではなく、タープの中で。 寝ている時は、頭痛とかそう言う状態になっても気付かず、そのまま気を失ってしまうので、死んだかも分からないって言う事ですね。 死んでないのでこうして知恵袋してますが。 ちなみに、酸欠になるのが一酸化炭素中毒なので、脳に酸素がいかなくなり、いわゆる酸素欠乏症と言う状態になりますね。 そうなると、脳の細胞が死んで機能しない状態になるので、一部分だけ死亡した状態だと脳が指令している事のどこかが機能しなくなるので、歩けない、腕や手が動かない、喋れない、味がない、目が見えない、上、下半身が動かない、もしくは体の感覚がなくなって、糞尿をを垂れ流す等々、様々な症状が起こって、一生そうなる場合もあるので、興味本意でテントの中で火気の使用はしないことですね。 例えば、頭痛や吐き気がしても気にしないでやってると、体が硬直もしくは気を失って、火気を倒して、火事になるって言うのも実際に起こってるので厳重注意ですね。

2人がナイス!しています

1

意識ではヤバイと思った時には体が動かない可能性があります。 でも低濃度の場合は辛いので出てこれますから助かります、よって事件にならない。 私も事件になってないだけでやらかしたことがありますが、中途半端な状態は間違いなく苦しいです。

1人がナイス!しています

1

一酸化炭素中毒を自覚するのは無理で、危険を察知できずに死に至ってしまう。

1人がナイス!しています

今年も三人死亡しましたが、キャンプというより朝が来るまでの仮眠です。渓流釣りや鴨猟り、山菜採りなんかで多いですね。冬キャンプの時は幕内でストーブを使う時は、かなり開放しますし、警報機も備えますから、滅多に事故は起きません。

0

異変を感じた時にはもう身体が動かなくなっていると聞きました。