ID非公開

2021/1/21 19:12

44回答

中学受験・算数の速さの問題です。 次の各問題を小学生でもわかるように解説してください。

算数 | 中学受験68閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧な解説をありがとうございました。とてもよくわかりました。 言い換えの説明で理解がぐんと深まりました。 他の皆さんも本当にありがとうございました。 できることなら皆さんに500枚のコインを4等分して差し上げたいです。 またお伺いすることがあると思いますが、その時はどうぞ宜しくお願いいたします。

お礼日時:1/22 11:53

その他の回答(3件)

1

距離が同じとき、速さと時間は逆比になります。当たり前ですが、覚えておいて瞬時に表が書けるようにしておくと便利です。 (続く)

画像

1人がナイス!しています

1

上り:60分4kmなので1kmは60÷4=15分 下り:60分6kmなので1kmは60÷6=10分 よって 15-10=5(分)…(答え) (2)(1)を使えば,上り下りがもし同じ距離なら往復で同じ時間ですが,帰りが5分長いので帰りの上り(つまり行きでの下り) が1km分長いことがわかります. すなわち1km…(答え) (3)1kmを省いてしまえば上り下りで同じ距離になるので 速さの比が4:6=2:3なので時間の比は3:2になります. このとき1kmを省いた分下りの時間 1/6=10(分) を差し引いた2時間5分で考えます. 2時間5分=25/12(時間)なので 上りには25/12×3/5=5/4 (時間) 「1kmを除いた下り」には25/12×2/5=5/6(時間) かかります. ですので「行き」における 上り…4×5/4=5(km) 下り…6×5/6=5(km) よって 5+5+1=11(km)…(答え)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/22 11:52

ご丁寧な解説をありがとうございます。 とってもよくわかりました。 できることなら皆さんにコイン500枚分を等分して差し上げたいです。

1

(1)です!

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/22 11:52

早速の解説をありがとうございました。 画像まで用意してくださり感動しました。 できることなら皆さんにお礼コイン500枚を等分して差し上げたいところです。