海外生活を楽しめる人は、日本の生活でも楽しめていた人なのでしょうか? 結局どこに住むかよりも、その人のマインドの問題なのでしょうか?

海外生活 | 海外41閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 日本で休みの取れる、残業の少ない仕事につける可能性があるなら、まずそちらを試してからの方がいいのでしょうか? いきなり日本を出てもそれで幸せになれるとは限らないですよね?

その他の回答(12件)

0

マインドですね。 本人の気持ち次第でいくらでも楽しめます。 しかし世の中には何処にいても非常識な人がいます。そういう人とどう付き合って行くかも楽しむ大事な要素。

1

割とそうなんじゃないでしょうか。 私は確か中学生のとき、君はスイスあたりで暮らした方が良いって先生に言われました。 国語の先生でした。 何かの感想を答えて、そのように言われたんだったと思います。 大学の研究生の頃にも、お前ならアメリカで暮らしても胃潰瘍にならんやろなって言われました(研究室に、胃潰瘍になってすぐ戻ってきた人がいたんです)。 今の会社でも前の会社でもべったり会社のポリシーに染まるということはなく、一言でいうと、常にマイペースです。 どこで暮らしても、自分自身は全然変わらないですね。 性格は土地に合わせてどんどん大雑把になってきてますが、生き方、人とのスタンスは変わらないということです。 人のペースを気にして生きている人は、どこで暮らしても大変だと思います。

1人がナイス!しています

0

私の場合、日本にいた時は普通にきちんと日本人として日本人らしく普通に生活を楽しんでいました。偶然見つけたワーキングホリデーに興味を持ち、若いうちにチャレンジしておこう、と思い立ったのをきっかけに、縁ありそのまま20年以上海外生活になっていました。日本は今でも大好きですが、日本できちんと日本人らしく生きていく自信がもう全くないので私にはこちらの生活の方が合っていますが、質問者さんの言うように、どこに住むか(海外か日本か)よりも、その人が幸せを感じられる場所に住んでいられるならそれで良いと思います(^^)

0

マインドの問題は大きいと思います。 いろいろと環境(や文化など)の違いを挙げることはできますが、結局のところ、それをどう受け取るかは、その人のマインドの問題ですから。 もう一つ、考慮すると良い要素はありますよ? 「海外 vs 日本」を横軸だとすると、縦軸として「時間(経過)」というのがあります。 例えば日本の生活より海外での生活の方が合っていると思って海外での生活を始めたとします。 でも時間が経って現地の生活(や言語)に精通してくると、当初より「嫌な面」が見えてくることがあります。 すると不思議なことに、あれだけ遠ざけていた日本の生活もまんざらではなかったと、郷愁とともに思えるようになるかも知らない。 しかし、さらに時間が経つと、結局は「住めば都」で、日本にも良さや悪さがあるように海外での生活にも良さや悪さがあることが見えてくる。 これは日本が好きになって日本に住むことにした外国人にも言えることなのです。 「日本人は親切だ!」と思って移住してみると、それは「他人(客人)」に対する「表顔」の親切心であって、親しくなると遠慮がなくなることに気づくかも知れない。 これは現地の生活に慣れてきたことによるもので、日本であっても別の国であっても大なり小なり通過する儀礼のようなものなのです。 だとしたら、そのような環境をどう受け止めるか・・・そこから先は各人のマインドの問題ではないでしょうか。。。

0

そういう方のほうが多いです。 ただ、海外生活は向き不向きがありますので、結局の所、自分で確かめるしかないですよね。 同じ状況でも、それが楽しいと感じる方もいればストレスになってしまう方もいるので本人次第としか言えないですね。