回答受付が終了しました

36協定の締結方法なんですが

回答(3件)

0

最低限締結すべき項目は決まっています。ただ協定書そのものは自由でいいと思います。届出様式については、役所が用意しているひな形を大半が使用していると思いますが、これも必要な項目が整っていれば大丈夫なようです。 今後は電子申請が必須となってきますので、その意味では決まった様式となりそうです。

0

会社に担当の社労士さんがいればお願いして作ってもらうと良いですよ。 大体年度ごとに提出するので3月に作成し、監督署に送付します。 ご自分で送付する場合は正副の2枚(1枚はコピー可)を送ってください。

0

『時間外労働、休日労働に関する協定届』が労基署にあります。 もしくは、以下URLから『時間外労働、休日労働に関する協定届』(36協定の様式としてコピーして使用してください) https://jsite.mhlw.go.jp/okinawa-roudoukyoku/library/okinawa-roudoukyoku/kantoku/H29/290224_36kyoutei_pamphlet.pdf ■ 36協定は「使用者」と「労働者の代表※3」とが締結します。 ※3 「労働者の代表」とは、次の者をいいます。 ① 労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合 ② 上記①の労働組合がない場合は労働者の過半数を代表する者(以下のいずれにも該当する者) ● 監督または管理の地位にある者でないこと。 → 部長、工場長、支店長などで、管理監督者に該当する方は、労働者の信任 が得られていても、過半数を代表する者にはなれません。 ● 過半数を代表する者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続で選出された者(民主的な方法で選出された者)であること。 ■ 36協定は事業場(本社、支店、営業所など)ごとに締結することが必要です。

画像